ブログ | 東進ハイスクール武蔵小金井校|東京都

ブログ 

2015年 5月 7日 今から受験生になろう!!④

こんにちわ!担任助手1年の十文字です(*゚▽゚)ノ

今週のテーマは「今から受験生になろう!」ですね。

高校3年生は夏休みの前に全国の受験生と差をつけるために、

今から受験生の意識をしっかり持って勉強していきましょう!

 

でも、急に勉強を始めるのって難しいですよね。

私自身、高校3年生でもう受験生なんだと思いつつ、

1学期は部活もまだ終わってないし、友達ともあそびたいし…

とだらだらしてなかなか勉強が始められませんでした。

 

そんなときどうやって勉強をしていたか、紹介してみようと思います!

 

作戦その① 家から出る!

家には私を惑わす誘惑が多すぎました。

漫画にテレビ、ゲームにお菓子など挙げればきりがありません!

だから勉強しようと思ったときはとにかく外に出ていました。

東進の校舎や図書館、ファミリーレストランなどいろんな所に行っていました。

 

作戦その② ご褒美を作る!

どうしても勉強したくないときは、コンビニにダッシュして好きなお菓子を買います。

「○○と△△をしたら食べていい」というルールを作って勉強します。

早く食べたいという気持ちから、いつもより集中できますよ!

 

他にもいろんな作戦を立て、勉強をしていました。

皆さんも自分に合った勉強法を探し、1日の勉強量を増やしていきましょう!

 

武蔵小金井校 担任助手 十文字萌

 

2015年 5月 7日 今から受験生になろう!!③ 夏休みに向けて、日進月歩

こんにちは、担任助手の加藤です。
ブログでは久しぶりの登場なので、まずは簡単に自己紹介を。

私は高1のときから東進に通い始め、去年から担任助手を始めました。
武蔵小金井校で過ごすのは5年目になりますね。ここまで来るとベテランの域かもしれません。
早い時期から東進で受験勉強をしていたので、早期スタートの大切さは人一倍知っているつもりです。
高1・2生の皆さん、受験勉強で困っていることなどあれば気軽に相談してくださいね。
今は慶應義塾大学の総合政策学部で学んでいます。珍しい名前の学部なので、「どんな勉強をする学部なの?」と聞かれることが多いですが、大学の話はまたの機会に。

さて、今週は「今から受験生になろう!」というテーマでブログをお送りしています。
なぜ、今の時期から本格的な受験勉強をスタートしなければならないのでしょうか?

その理由は、「夏休み」にあります。下の図を見てください。

高3生・夏休みの一日

これは、一般的な高3生の夏休みの一日です。
見ての通り、夏休みは一日15時間という量をこなさなければなりません。

夏休みは、センター試験の過去問演習を通じて、基礎学力を完璧に身につけていく時期です。
そのためには、センター試験の過去問を10年分×3回は演習する必要があります。
その量をこなすために必要な勉強時間が、一日15時間ということなのです。

とは言え、15時間という量はとても厳しいものです。どれだけの決意・決心があっても、普段から勉強していなかった人がいきなり実行できるものではありません。
では、これを実行するためにはどうすればいいのでしょうか?
簡単な話です。今の時期から、少しずつ勉強時間を増やしていけばいいのです。

今、一日4時間くらいしか勉強できていないのであれば、まずは5時間を目標に頑張ってみる。
5時間勉強に慣れてきたら、次は6時間…というように、少しずつ勉強時間を増やしていく。
大切なのは「少しずつ」です。いきなり高い目標を立てても、すぐに疲れてしまうでしょう。

今からなら、そこまで焦ることはありません。夏休みまではまだ2ヶ月以上ありますから。
ですが毎日一歩一歩、目標に向けて進んでいきましょう。
私たち担任助手も、目標に向けて努力する皆さんを全力でサポートしていきます。

 

武蔵小金井校 担任助手 加藤 太一

2015年 5月 5日 今から受験生になろう!!②

こんにちは!担任助手の渡辺大樹です。

GWも明日で終わりとなりますが、皆さんはGWを振り返ってみてどうですか?

朝から校舎に来て、閉館まで勉強できたという人もいれば、そうでない人もいるかと思いますが

 ここから夏休みまでの間は前回の投稿で言っていた通り夏休みの半分以上の時間が取れるんです!

 「勉強は部活引退してからやるからいーや」なんて思ってるそこの部活生!

いままで部活してた時間がそのまま勉強時間になるから大丈夫なんて思ってたら大間違い!

 部活がなくなった分、生活の中にポッカリと穴が開いたようになりボーっと一日を過ごしてしまってうまく切り替えができてない人も多いです。

だから

 

「今から受験生になろう!!」

 

そのためにまず校舎に来るという習慣をつけていきましょう!

校舎に来れば一緒に頑張っている仲間がいます。

まだ大丈夫とか後でやるからなんていう考えは捨て受験生としての自覚をもって頑張っていきましょう!

 

武蔵小金井校 担任助手一年 渡辺大樹

 

 

 

 

2015年 5月 5日 今から受験生になろう!!

こんにちは!担任助手3年の鳥塚です。

夏日が続いていますが、GWはいかがお過ごしでしょうか?

新学期が始まり、行事も部活もあったりで忙しい1学期。なかなか思うように受験勉強が始められず、「夏休みから本気だそう。」なんて思っている人もいるのではないでしょうか。

今日から1週間は1学期の勉強の重要性についてお話したいと思います。

突然ですが問題です1学期~2学期までの勉強時間はどのくらい取ることができるのでしょうか。

↓↓正解は↓↓

となります。

いかがでしょうか。ここで大切なことは1学期だけでも夏休みの半分以上の時間が取れるということです

夏休みは受験の天王山と呼ばれていますが、みんなが最大限勉強する夏休みより1学期にいかに勉強時間を取れるのかということこそ受験の天王山であると言えます。

今日から毎日、今勉強する意義や、コツなどについて説明していきたいと思います!!是非今から頑張る決心をつけていただければと思います。

明日からの更新もご注目ください!!

武蔵小金井校 担任助手 鳥塚沙季

2015年 4月 30日 スキマスイッチ

こんにちは!担任助手の渡辺拓実です!

今週は東進で大学受験をしてきた担任助手から、「部活をどう両立したか」、「どうやって成績を伸ばしたか」について話をしていきます!

東進には二年生の夏休みから在籍していて、ソフトテニス部、クイズ研究部と両立していました、高3の6月ごろまで活動していました。

部活やってたら勉強時間なんか確保できないから、学校の予習、復習だけでいいや…

受験に本腰いれるのは、部活引退してからでいいや、夏休みもあるし…

と思っているそこの君!!

甘い!!甘い!!

受験をなめてはいけません。受験というのは、ある程度同じ学力を持った、学生同士で競いあうものです。

つまり、合否を分けるのは勉強量です!!

差をつけるなら、部活が引退に近づくこの時期しかないのです!!

そこで重要になってくるのが、スキマ時間です。

朝の通学時間、学校の休み時間、外食の際に料理を待つ時間、塾のエレベータの中など、スキマ時間は至る所にある宝物です。

勉強と部活、両方のスイッチを入れ、全力でがんばりましょう!!