ブログ | 東進ハイスクール武蔵小金井校|東京都

ブログ 

2013年 2月 4日 こんな所からこんにちは

ホームクラスへとやってきました。今日のだるまです

東進って・・・

実際の教室はどんな雰囲気なの?

パソコンでの学習しかできないの?

本日はそんなみんなの疑問にお答えしようと思います!!

 

まずはコチラ

東進って、実際の教室はどん雰囲気なの?

東進の勉強スペースは一人分ごとに区切られています。

また、パソコンで授業を受けている人はイヤホンをつけている為、教室内はとても静か。

みんなが集中しやすい空間作りを心がけています。

 

続いてコチラ

パソコンでの学習しかできないの?

そんなことありません!!

このようにパソコンがおいてあって受講や高速暗記をする為の席もあれば、

 好きなように自習できる席もあります。

 

前回紹介した音読室に、今回のホームクラス。

こんな充実した学習環境は他にない!!

是非この環境を利用してください。

東進で一緒に勉強しましょう。一緒に夢をかなえましょう。

 

見学お待ちしております。

0120-480-104

 

武蔵小金井校 担任助手 砂川菜々

 

 

2013年 2月 3日 興味を持つと・・・

こんにちは!担任助手の宮澤です。

 

今日は節分ですね!

節分のもともとの起源は追儺(ついな)と呼ばれる行事にあり、疫病などをもたらす悪い鬼を駆逐するものでした。

日本でこの追儺の行事が行われたのは、文武天皇の慶雲三年(706)に宮中で初めて営まれたことが「続日本紀」に書かれています。

それによると、慶雲三年には諸国に疫病が蔓延し多くの死者が出たそうです。

宮中では官職の者が鬼の姿をして災害や疫病などの災いに見立て、また黄金の仮面に矛や盾を持った者が豆を撒きながら悪鬼を追い払い新しい年を迎えたといいます。

 

 

 

また節分は陰陽道と深い関係があり、節分の日に「陰」から「陽」へ「気」が変わる日とされています。

本日、京都の晴明神社では「節分星祭」という行事が行われるそうです。

去年の3月に私は京都へ旅行に行き、その時晴明神社にも寄ったのですが

まさかそのような行事が行われていたとは知りませんでした。

 

古文や日本史を学習している人は、このような古代から続いている行事に興味を持つだけで

ぐっと親近感が沸き、学習した内容も頭に残りやすくなりますよ!

 

以上の科目に限らずどの科目も、大学受験のためだけの勉強と考えず

自分の知識を豊かにし、思考力を高めるものと思いながら勉強した方が成績もあがっていきます!

様々なことに興味を持って勉強を進めよう!!

武蔵小金井校 担任助手 宮澤 敬大

2013年 2月 2日 今日もみんなで…!

みなさん!こんにちは!

担任助手の日渡です。

今日はこの間担任助手の木村先生が教えてくれた音読を具体的に行う場所を紹介したいと思います

それは、ここです!

 

 

 

そう、音読室です!

この場所は校舎で唯一声を出して勉強できる場所です!

音読の仕方については、過去の記事を参照してください。

( 1月30日「今日のだるまの行き先は…?」こちらから飛べます:http://www.toshin-musashikoganei.com/%e4%bb%8a%e6%97%a5%e3%81%ae%e3%81%a0%e3%82%8b%e3%81%be%e3%81%ae%e8%a1%8c%e3%81%8d%e5%85%88%e3%81%af%e3%83%bb%e3%83%bb%e3%83%bb%ef%bc%9f/  )

生徒のみんなはもちろん、招待講習で校舎にきてくれている人も是非活用しよう!

勉強は一人でするよりも、隣にライバルがいた方が確実にやる気が出ます!

音読室で仲間と一緒に声を出そう!そして一緒に学力を伸ばしていきましょう!

 

LET’S 音読!

 

日渡

 

 

 

 

2013年 2月 1日 学部紹介PART4 今回の学部は・・・

こんにちは。担任助手の星野です。

今回の学部紹介では、私の通う早稲田大学の基幹理工学部について
紹介させていただこうと思います。

早稲田大学といいますと、大隈講堂ですとか、所謂「早稲田キャンパス」や「戸山キャンパス」と呼ばれる文系の方が通うキャンパスを皆さん思い浮かべるかと思います。
理工学部のキャンパスは、文系のキャンパスからやや離れた高田馬場駅の近くに位置します。

 

早稲田大学の理工学部は3つに分かれており、私はそのうちの一つである「基幹理工学部」に所属しています。基幹理工学部という名前を聞いても「なにをするかわからない」という方が多いと思います。簡単に言いますと「日本の基幹産業、すなわち精密機器やソフト・ハードウェア製作などの産業を支えるための知識を身につける」ための学部です。例えば、皆さんが使用しているスマートフォンなどの製品には欠かせない「電子回路」を実際に作るような実験も行い、製品開発への知識をより深めた上で、日々新たな製品の改良・開発に取り組んでいます。

カリキュラムとしては、物理、数学、英語、化学があり、他一般教養です。
そして理工学部で忘れてはいけないのが、「実験」です!
早稲田は実験設備や、実験をサポートしてくださるTeaching Assistantの方が多くおり、
万全の実験環境が整っています。基幹理工学部では週で一日、一日中実験に徹するという曜日があります。一日実験室にこもりっきりになるので大変ですが、様々な現象を実際にこの目で確かめることができ、非常に楽しいです。

実験や、様々な科学的現象に興味がある方、ぜひ実験設備の整った早稲田大学理工学部を見に来てください。

 

2013年 1月 31日 東進の秘密

皆さんこんにちは!武蔵小金井校の大木です。

遂に一月も残すところ一日となりました。

新年を迎えたばかりなのにもう一ヶ月が過ぎようとしています…早いですね。

さて、2月といえば 受験 。

高校三年生は最後の追い込みとなる時期に入ってきました。

武蔵小金井校の生徒も全力で頑張っています。

これを見てください。

これは去年の東進の合格実績です。難関大学に合格した生徒は年々どんどん増えていっています。

この理由はどこにあるのでしょうか。

それはすなわち…

我々担任助手との絆の深さ!!

我々は最後まで全力で努力する生徒たちの伴走者となってサポートし続けています。

受験が近づくにつれて不安になっていく生徒を、しっかりと支えていることで合格へと導いているのです。