2月 | 2018 | 東進ハイスクール武蔵小金井校|東京都

ブログ 2018年02月の記事一覧

2018年 2月 27日 大学に入って変わったこと③

こんにちは!担任助手の倉片です。最近は暖かくなってきましたが、花粉が飛び始めてきて大変な時期にもなってきました。

昨日で、国公立前期日程が終了し一息ついている受験生も多いのではないでしょうか?そんなこの時期に、大学入った後の目標や抱負を考えてもらいたいと思います。その一つの材料として今日のブログを参考にしていただけると幸いです。

さて、今日は「大学に入って変わったこと」についてお話しします。自分が思う「大学に入って変わったこと」は、やはり環境に慣れる能力です。

大学は非常に色々な地域から生徒が集まっています。一つの地域の人しか通ってこない高校や中学と違うので、最初は戸惑いました。

しかし、外国から来ている人や地方から来ている人と話すことで、新たな視点を得ることが出来ます。これは大学生活において非常に重要なことだと思います。

今ではそんな環境の変化にも慣れ始め、知らない人が多い環境でも積極的に話かけることが出来るようになりました。

みなさんも多くの人と関わり様々な価値観を見て、成長していってもらいたいと思います。

 

2018年 2月 26日 大学に入学して変わったこと②

 

 

こんにちは!島名です。

先日、ビジネス英語講座の説明を聞いてきました!やはりこれからは、英語が話せるのは当たり前の時代なんですね。

苦手意識から逃げていた英語に危機を感じ、だらだらと続けていた勉強に、本腰を入れ始めています。

 

さて、本日は「大学に入学して変わったこと」ですが、私が大学に入って変わったなぁと一番感じていることは、自主的に考える・動くようになったことです。

高校生までの自分は、どこか受動的なところがありました。

親にやりなさいと言われたことをする、先生に出された課題をこなす、与えられた教材で勉強する、言われるがままに動いていたわけです。

 

大学は自由です。あれこれ言ってくる先生もいませんし、出席確認がない授業だってあります。

教科書や参考書も、難しい言葉で書かれているものが多く、解釈するために、図書館に出向いて、たくさんの書籍を読んで勉強します。

高校の時は、教科書や参考書がわかりやすいので、読んで理解することがほとんどですが、大学は、自力で解釈することが多く、苦労します。

でも勉強していて、そういうことか!と理解できたときの達成感は非常に大きいものです。

 

大学に入って働くようになってから、自主性が養われたと思っています。

働くと仕事で、もっとこうしたほうが良いよな、自分はこうするべきだなと考えるようになりました。

それが私生活にも影響していて、英語の勉強だったり、ボランティア活動だったり、自主的に行動することが多くなったと思います。

 

大学は自由ですが、自由には責任が伴います。自由な中で、どう過ごすか、どんな経験を積むのか、は自分の行動次第です。

怠けたら何も残らない4年間になります。現状維持に満足せず、新しい世界に勇気をもって踏み込んで、アクティブに色んな経験をしてほしいです。

みんなには、有意義な4年間にしてほしいと思います。

 

私も、頑張ります。みんなのことを校舎から応援しています!

 

武蔵小金井校 担任助手 島名彩乃

 

2018年 2月 25日 大学に入学して変わったこと①

こんにちは!!

おひさしぶりの馬場です(*^_^*)

 

個人的な話ですが、先日スノボに初挑戦してきました!

たくさん滑れてとても楽しかったのですが、普段まったく運動しないのでいま体中が痛いです(笑)

これからは定期的に体を動かそうと思います。

 

そんな話はさておき、今日は

「大学に入学して変わったこと」についてお話ししていきます。

これに関しては挙げればきりがないので、特に印象的なもの紹介することにします。

 

私が1番変わったなあと思うのはズバリ「勉強に対する姿勢」です!!

みなさんご存知の通り、大学に入学するとあらゆる拘束・規則がなくなります。

また、「勉強しろ」とうるさく言ってくる先生や担任助手もいなくなります。

全てが自由になるのです。

これを読んでいる生徒の皆さんは、おそらく「めっちゃいいやん!」と感じていると思います。

ただ、この自由は人によって良くも悪くもなり得ます。

 

分かりやすいところから言うと、出欠確認です。

大学では、出欠確認が行われない授業がでてきます。つまり、授業に参加してもしなくても学生の自由ということです。

出欠確認があるから授業に出席する、というのも変な話ではありますが、この出欠確認が無いと気兼ねなく授業をサボることができます。

一度サボってしまうと人間は不思議なもので、こないだもサボったしいいか、とサボり癖がつきます。

そうなってくると大学にあまり行かなくなることは想像に容易いと思います。

もちろん勉強だけが全てではありません。

ただ、みなさんはきっと学びたいことがあるから大学に進学することを決めたのだと思います。

ですから、「学びたい」という気持ちを忘れないでください。そしてこれからも成長し続けてください。

 

たしかに大学生は自由が増えて楽しいです。

ただ、なぜ大学生になると自由が増えるのか、ぜひ考えてみて下さい。

そしてなぜ大学に通うのか、なぜ受験勉強をあれほど頑張ってきたのか、考えてみて下さい。

東進ハイスクールではよく耳にすることですが、大学受験は人生のゴールではありません。

人生の中間目標、それも割と序盤に位置するものです。

思ったより堅い話にはなってしまいましたが、受験勉強で確実に積み上げてきた努力を無駄にしてほしくないと、心からそう思います。

自分の人生の目標にために、これからも努力し続けてください!

 

武蔵小金井校担任助手 馬場梨里花

2018年 2月 24日 担任助手の受験生生活

こんにちは、堤です。

私立大学の前期入試もひと段落を終え、受験生の皆さんはお疲れ様でした。

合否の発表も待つ生徒もいれば、中期・後期試験の対策をしている人もいるでしょうか?

しかし、何と言っても明日からは国公立大学の前期試験が開始されます。

がんばれ!受験生!

新高校3年生の人は本格的に入試1年前に迫ってきましたね。

さて今回も前回の薗部担任助手に引き続き、私の受験生時代を紹介したいと思います。

①生活習慣・スキマ時間の活用

この項目に関しては前々回・前回のブログの内容を参照してください。

②計画の実行!

私は野球部に所属しており、週6日(実質7日)部活をしていました。

そうなると週末にまとめてやろう。などということは無く如何に計画的に進められるかが勝負でした。

私の受験生時代は合格設計図なるものはなく、グループミーティングでメンバーや担当担任助手と立てたものから遅れないように

毎回の登校時に確認して実行していました。

③知識問題の確認!

英単語や地理歴史・公民、理科科目の得点アップには暗記の定着が不可欠です。

自分で単語帳などで進めるのも正解ですが、私は友達と問題を出し合いながら覚えていきました。

下校時や昼食時に指定範囲の問題を出し合いお互いにレベルアップしていけます。

 

来週から定期考査がはじまったり、春休みが始まったりと忙しくなりますが、

しっかりとした目標を持って生活をして下さい。

 

 

2018年 2月 23日 担任助手の受験生生活

こんにちは、担任助手の薗部です!

今日は都立高校の生徒の方は入試休みではないですか??

まとまった時間がある時こそ、勉強時間確保のチャンスです!

天気はあまりよくないですが、朝から勉強しましょう!!

 

さて、今日は、私の受験生時代の生活について少し話をします。

毎日の生活の中で意識していたことは・・・

 

①6時起床0時就寝

早寝早起きは受験生のキホン!

入試本番を想定して、休日も長期休みもこの時間だけは守っていました。

規則正しい生活は、体調管理にも役立ちますよ。

 

②スキマ時間の活用

ありきたりと言えばありきたりですが、「スキマ時間」をどう過ごすかで学習量は大きく変わります。

朝起きてからご飯を食べるまでの時間、登下校中の電車の中、お風呂を出てから寝るまでの時間・・・

ついついベッドでだらだらしたり、ぼーっと窓の外を眺めたりしていませんか?

私は昨日覚えた単語を見直したり、リスニングの音源をリピートしたりして活用していました!

 

③毎日校舎に登校する

●部活が終わったら学校から直接東進に行く

●予定の無い日は開館と同時に登校して閉館まで勉強する

最初は体力的にきついな・・・と感じることもありましたが、慣れてしまえばなんてことありません。

学習量はぐっと上がりますし、校舎にいるモチベーションの高い仲間から刺激を受けることもできます。

点数が伸び悩んでいる人は、まず、学習量を上げることろから始めてみましょう!

 

以上のことが1年間意識し続けてきたことです。

「これだけは続けるぞ!」

と自分の中で何か目標を決めるといいかもしれませんね!

これから受験勉強を始める人、今受験勉強に勤しんでいる人は是非参考にしてみて下さい!!

 

武蔵小金井校 担任助手 薗部実優