12月最終センター試験本番レベル模試に向けて! | 東進ハイスクール武蔵小金井校|東京都

ブログ

2018年 12月 1日 12月最終センター試験本番レベル模試に向けて!

 

こんにちは!武蔵小金井校担任助手の薗部です。

早いもので今年も残すところあと1ヶ月になりました。今日から12月がスタートですね!

寒くなるにつれ、入試が近付いていることをひしひしと感じています。

受験生のみなさんは、センター試験まで1ヶ月半ですね。

入試直前期だからこそ、現状の課題をきちんと分析して一日でも早く弱点を克服する必要がありますね。

 

そこで活用してほしいのが、 「最終12月センター試験本番レベル模試」です!!

これが受験生にとってセンター試験前、最後の模試となります。

今まで学習してきた成果を発揮するチャンスです!!

また、併願校の過去問やセンター利用出願の指標にもなるので、個人マスターを記入する際、志望校の選択もポイントですね!

また、最後の模試、ということで、皆さんにお勧めの模試の活用法を2つお伝えしようと思います。

 

1:センター試験当日と同じ行動を心がける

入試本番、「初めて」に直面すると不安や緊張が高まってしまいます。

・自宅~会場までの電車での過ごし方

・科目の間の休み時間で何をするか(休憩の仕方、何のテキストを読むか)

・食事はどの程度食べると眠くならずに集中できるか

等・・・試験当日、適度に緊張・適度にリラックスした状態で挑めるよう試行錯誤してください。いい練習になりますよ。

 

2:分析、復習はその日のうちに

何度も言ってきたことかもしれませんが、大切なことなのでもう一度。

特に直前期の受験生は、本当に時間がありません。(言われなくてもわかってるよ、という感じですが・・・)

模試分析の目的は、その後の対策の的を絞るためにありますね。つまり、だらだら分析、復習していても仕方がないんです。

色々やらなくてはいけないことがあるとは思いますが、模試分析の優先順位は高いです!頑張りましょう。

 

受験生、直前期が一番伸びます!最後の最後まで諦めなかった人が最後、合格を勝ち取るのだと思います。

最後の模試、全力で頑張りましょう!!!

 

武蔵小金井校 担任助手 薗部実優