音読はしていますか?!(聴覚による学習効果) | 東進ハイスクール武蔵小金井校|東京都

ブログ

2018年 10月 9日 音読はしていますか?!(聴覚による学習効果)

 

 

こんにちは!!前野です!

今日はいまさらながら音読の重要性についてお話ししたいと思います!!

皆さんも学習の場で『音読をしよう』と言われたことが一度はあるのではないでしょうか。。

僕からも言わせてください、音読をしよう!!!

 

黙読の方が集中して読めるって人もいるかもしれませんが、このブログを見て音読してみようかな、と思ってもらえるように頑張って行きますね。

時はさかのぼること200年、世界的にみるとナポレオンの帝国が終わり、ウィーン会議が終わった頃、日本では、本は音読されていました。当時、本は貴重な物で、少しでも多くの知識を手に入れるために音読をしていたそうです。なぜかは分からないが、音読すると覚えがいいんだよなあ。。ってな感じでしょうか。ですが現代では化学の進歩により具体的な効果が証明されました!!!

①脳の活性化

音読をすることで前頭葉の前頭前野が活性化します。前頭葉の位置は額のちょうど裏です。前頭前野は物事を論理的に考え判断を下す働きがあります。例えば英語だと一回やった長文の問題を音読すると、単語、熟語の復習(発音等)、文構造の理解、さらに前頭葉の活性化により問題に対する解答が出しやすくなる。。まさしく、受験生に必要な能力ですね??他にもネガティブな思考を防ぐ機能もあるそうで、、万能(笑)

 

②記憶力の向上

物事を集中して考えたり覚えたりするときに皆さん静かだと思います。私もそうだと思っていたのですが、赤シートを使って暗記していた時に解答の部分をすっごい小声で言ってしまうことがあったような気が、、まさしくその時、私の記憶力は向上していたことが判明しました。。。!!!!人間は音読をすると、目だけではなく口、耳も使いますよね?その時に三つの器官から情報が入り、それぞれの情報を結びつける働きが生じます。この働きが頻繁に行われている人ほど記憶する能力&物を思い出す能力が強くなるそうです。。一日二分の音読でも違うと言います。勉強のときに行ったらいかに効力があるか、、言うまでもありませんね?

 

③効率化

英語の授業などで音声資料を使うことも多くあると思います。音を聞くインプット学習なわけです。さあ音読で学習をするとしましょう。まずは文章を声に出すアウトプット学習、そして自分の声を聞きますね?インプットです。確かに英語の習熟度によって正しい発音ができないかもしれませんが、繰り返し続けることによって、発音を意識する余裕も出てきて、しっかりとした発音で音読できるようになるでしょう。そこまで来たら完璧なインプット&アウトプットです。

 

どうでしょう、、ここまで本気で音読の魅力について伝えてきました!!する気になりましたか?(笑)今までやれって言われてたからやってたけど、という人にも意義をしっかりとお伝えできたのではと思います。ここから勉強のペースはどんどん早まっていきます。復習時間をコンパクトで質の高いものにするためにも、音読をうまく活用してほしいと思います!!