夏の終わりの始まり② | 東進ハイスクール武蔵小金井校|東京都

ブログ

2018年 8月 30日 夏の終わりの始まり②

 

こんにちは!島名です。

8月も残すところあと2日ですね!早い!

9月1日から学校がスタートする人がほとんどだと思います。残り2日!最後までやり抜こう!

島名はこの夏、時間がある限り自然に触れていました。

一番心に残っている旅は、島根県を訪ねたことです!

 

皆さんの夏休みは、振り返ってみてどうでしたか?

「朝も7時から毎日登校したし、今までで一番勉強したー!!!」という人!本当によく頑張った!

「時間を大切にすればよかった。もっと勉強できたな。」という人!反省はしっかりするべきだけど、そのままにするのではなくて、次に生かすことが重要です!

9月からの勉強で後悔しないように、受験直前に後悔しないように活かしていこう!

 

受験を経験した先輩、という立場から一つアドバイスさせていただくとしたら、夏休み頑張ってきたこと、自己満足でおわってないか?ということを自分に問いかけてみてほしいです。

皆さん頑張ったことがあるはずです。

でも、それがこなした量に満足していて、目標に達するために必要な質を満たすことができていたのか。頑張ったという自分に満足していていないか。

 

自分が受験生の頃は、まさに、「今日開館から閉館ぎりぎりまで勉強して、今日の自分めっちゃ頑張ったわ!」

「過去問10年分3周やり切ったー!こんだけやったから、次の模試絶対成績あがるだろうな!」と、本当に勉強の質よりも、量、そしてそれを頑張ってこなした自分に満足していました。

 

でも、それでは第一志望校には受かりません!自分は、第一志望校に合格することはできませんでした。

受講にも、過去問にも、単語や文法を勉強することにも言えます。復習を丁寧にする「量より質」強くこだわりをもってほしいです。

 

例えば…

第一志望校に合格するためには、英語はあと○○点必要でそのためには自分は〇月◎日までに○○点伸ばさなければいけない。

そのために、自分は文法を固めることが必要で、参考書☆☆と問題集□□を使って、模試で判明した苦手な範囲を演習していこう。

 

このように、どんな勉強においても、目標を定め、達成するための計画をしっかり立てよう!

計画することで、合格に最短ルートで近づくことができます。

 

 

9月からは二次私大対策に入る人が多くいると思います。いよいよですね。

量より質、量より質。大切なことなのでもう一度言います。

量より質、です。センター試験まであと4か月と20日!一つ一つに目的をしっかり持って、計画的に実行していきましょう!

 

これからも全力でサポートしていきます!

 

武蔵小金井校 担任助手 島名彩乃