国公立大学紹介①(東京大学) | 東進ハイスクール武蔵小金井校|東京都

ブログ

2019年 2月 19日 国公立大学紹介①(東京大学)

 

 

こんにちは! 担任助手の新田です^^

昨日倉片担任助手からあったように、いよいよ国公立大学入試まで1週間をきりましたね!!

1週間は短いようですが、まだまだできることもたくさんあります。最後まで集中してがんばっていきましょう!

 

さて、今日からは数日間にわたって、国公立大学の紹介をしていきます。まだ志望校が定まっていない現高2生以下のみなさんは参考にしてくださいね^^

今日の紹介は東京大学です。

 

東京大学といえば、日本一の大学ですよね。テレビなどで東京大学出身のタレントが出ていると「すごい!」となるものです。

しかし、東京大学の特徴はそこだけではありません。

東京大学の大きな特徴の1つは、最初の2年間は全員が同じ学部に属していることです。

入学の時点では教養学部に属していて、その中でも最初の1年半は、文科一類・文科二類・文科三類・理科一類・理科二類・理科三類にわかれて幅広く教養を学び、残り半年で選択した学部の基礎となる専門科目を学ぶ形になっています。

そして、残り2年間は学部に属し、専門的な学習をしていくという形をとっています。

 

つまり、入試の時点ではなにを学習するかを明確に決めている必要はないということです。

「いろいろなことを学びたい!」「実際に大学でいろいろ学んでからなにを専門としていくか決めたい」という人にはうってつけのシステムになっています^^

 

東京大学の紹介はいかがでしたでしょうか? みなさんも志望校を決める時はただ名の知れた大学というので選ぶのではなく、各大学のシステムなどきちんと調べられるといいと思います。

明日以降も国公立大学の紹介をしていくのでお楽しみに^^