単元ジャンル別演習/二次私大対策(文系) | 東進ハイスクール武蔵小金井校|東京都

ブログ

2018年 9月 7日 単元ジャンル別演習/二次私大対策(文系)

こんにちは、担任助手の後藤です!

 

北海道地震の一日も早い復旧・復興をお祈りいたします。

 

東進には今年から学習ツールが一つ増えました!

その名も、単元ジャンル別演習!!

 

「またやらなきゃいけないものが増えたのかよ~」

いやいや、とんでもない!!

これをやることで、むしろ皆さんの分析に充てる時間は少なくなります!

んっ、どういうこと?

 

まず、これは何かというと、皆さんの東進での勉強状況(正答率)や、

合格者のデータや入試問題の傾向を分析し、

皆さんの成績を伸ばすのに最適な問題を出題する、という機能です!

優先順位は①伸びしろ(目標得点との差)、②志望大学の出題頻度、③その単元の伸びやすさ、で決まります!

しかもそれは科目横断で提示されるため、勉強効率を大幅に改善できます!

 

いままで、みなさんは、何時間もかけて分析や、学習計画を練っていたかもしれません。

しかし、これからの時期は、受験が迫ってくると感じやすくなるため、

気が焦って、分析に時間をとらないようにしてしまったりします。

あと、単純に分析は面倒です。(笑)

しかし、やみくもな勉強では当然点数は上がりにくくなります。

そこでこの単元ジャンル別演習!

分析に時間をかけず、最高効率化できます!!

これはやらなきゃ絶対もったいない!!

 

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

 

そして、今日は二本立てです!

後半は、文系の二次私大対策についてです!

 

①まず、英語はしっかり時間をかけてかためよう!

今の世の中は、とっても嫌な世の中になってしまいました。

英語の配点がとても大きいのです!!(笑)

「英語100点、国語50点、日本史50点」って

ほぼ英語じゃないかふざけるな!!

英語が苦手だった僕は激怒しました(笑)

激怒まではしてませんけど(笑)

とにかく、英語が苦手だともったいない!

しかしこの科目、点数を上げるのには相当の時間が要ります!

「あーあ、俺が帰国子女だったらなー」

でも大丈夫!基礎を徹底させ音読を繰り返せば、

勝負できるようになります!

僕もセンター同日では分からな過ぎて睡魔に襲われるようでしたが、

一年間で100点上げ、本番では182点でした!

英語嫌いよ、諦めるな!

 

②現代文に時間を割いてますか?

特に早稲田など難関私大を志望する人、

現代文に時間を割いてますか?

英語ができるのは当たり前、社会は配点や高難度で効率悪…

早稲田は、現代文ができる人が受かるとの話も聞いたほどです。

「何やったらいいか分かんないから結局何もしてない!」とか言ってる場合ではありません!

とりあえず、受講をとることをオススメします

それが無理なら参考書や問題集を探しましょう。

「早稲田レベル」などと書いてあるものはいくらでもあります。

 

③社会にハマりすぎ注意!

「日本史って、やることはっきりしてるし、長文もないし、過去問ゆっくり解けるし、成果も出やすいからだーいすき!」

生徒時代の自分はそう思っていました。

そうして日本史の沼にハマっていき、英語や国語の時間を無駄にすることに…

社会は最後まで伸びやすい科目です。

英語や国語の時間をしっかりとることをオススメします。

 

国公立志望の人は数学もあり、科目も多く大変だと思います!

数学も時間をしっかりとって、積み上げる気持ちで頑張るのが良いのではと思います。

 

もう始まる二次私大対策、頑張って行こう!

 

 

 

 

 

 

 

過去の記事