勝負の4月!! | 東進ハイスクール武蔵小金井校|東京都

ブログ

2019年 4月 20日 勝負の4月!!

みなさまお久しぶりです!

武蔵小金井校担任助手の馬場と申します(*^_^*)

 

最近は新担任助手によるフレッシュなブログが多く、新たな風を感じますね。入試を終えたばかりの新大学1年生によるブログは、入試においても、志についても、ためになる内容が盛りだくさんだと思います。是非毎日チェックして下さいね!

 

さて、本日わたしがみなさまにお伝えしたいのは、タイトルにあるように「勝負の4月」についてです。

高校生のみなさんは学年があがり、クラス替えが行われた方も多いと思いますが、新学期には慣れましたか?

まだ新学期が始まってから2週間しか経っていないので、様々な環境の変化に疲れがたまっている方もいるかもしれません。

 

ですが、、、受験生に疲れているヒマはありません!!

 

東進ハイスクールでは学年の切替わりを12月に設定していますが、一般の高校生でも4月からは受験生になります。

つまり、どんな高校3年生でも受験勉強を開始するのです。

何が言いたいかというと、、、

 

<すでに受験勉強を開始しているみなさん>

開始時期には差があると思いますが、みなさんに余裕はありません。なぜなら、4月からは全受験生が「全力で受験勉強を頑張るから」です。頑張るのは当たり前。少しでも気を抜くと足元を救われます。

 

「俺は高校2年生のときから頑張ってたから貯金あるし~」的なことを思っている方いませんか?

 

はっきり言いますが、今までの貯金はそこまであてになりません。(個人差はありますが)

なぜなら、受験勉強において何よりも大切なのは「志望校対策」だからです。

今まで学習してきたのは、「基礎基本の徹底」「受験科目の全範囲学習」がメインです。もちろんこれらは志望校対策の土台になりますので必要不可欠なものですが、これだけでは大学には受かりません。基礎力がついていても「自分の志望校」の入試問題が解けるようにはならないからです。「過去問演習」等で志望校対策を完璧に実行しない限り、合格は難しいです。いまの大学入試はそれほど厳しいです。

また、知っていてほしいことがもう1つあります。それは、、

「4月から受験勉強を始める受験生の底力は尋常ではない」

ということです。

もちろん、限界はあります。入試まで1年きっていますので、本来実行すべき受験勉強を完全にやり切るのはまず不可能でしょう。ただ、彼らには圧倒的な「危機感」があります。「もう自分には時間がない」ということを自覚しています。ですので、直前期までスタミナ切れすることなく、驚くべき学習量を積み、逆転合格する生徒も稀ですがいるのです。つまり、「逆転される可能性がある」ということです。

脅しみたいになりましたが、今までの努力を無駄にしないために、1日1日を全力で過ごしてください。後悔しないでください。私からのお願いです。

 

<まだ受験勉強を開始していないみなさん>

すでに受験勉強を開始しているみなさん向けのメッセージを読んでいただいた方は察したと思いますが、かなり危機的状況です。すぐに受験勉強を開始してください。予備校は自分に合うところを選んでほしいですが、みなさんには時間がありません。出来るだけ早急に決めてください。

予備校のことなんて何も分からない、、、という方に朗報です。

本日から「部活生招待講習」の申込みがスタートしました。

この招待講習では東進ハイスクールの授業を実際に体験することができます。(詳細については昨日のブログをご覧ください)みなさまのお申込みをお待ちしております!!

↓お申込みはこちらの画像をクリック↓

それでは、本日はこの辺で失礼します。

頑張れ、受験生!!

 

武蔵小金井校担任助手

馬場 梨里花