センター試験の心構え・準備① | 東進ハイスクール武蔵小金井校|東京都

ブログ

2019年 1月 17日 センター試験の心構え・準備①

こんにちは!昨日に引き続き私、堆朱がブログを担当いたします。さて、いよいよセンター試験2日前になりましたね。受験生は緊張を感じ始め、1,2年生も同日受験に向けて勉強に拍車をかけているのではないでしょうか。

ですが、残り2日ともなると、何をやっていいのか分からなくなる人、いませんか? 私は特に、テストも本番も近くなればなるほど何をすればいいのか分からず、何をやっても意味がないのではないかと感じてしまっていました。なので今日は、センター試験前の今日から本番まで、私が思う「やっておいた方がいいこと」について書きたいと思います。

1、今まで勉強してきて間違えたものを見直して覚える、できるようにする

いつなんどきでもテスト前はこれを言われますよね。私は高校受験の時にこれに泣かされました。数学の問題で、2日前に塾の先生に出された問題が、ほとんどそのまんま入試で出ました。難しく面倒な問題だったので解説もろくに読まずスルーしていたら本番で出てしまったんですね。高校には受かったからいいものの、大学受験は1点、もっと細かいと0.1点を争う戦いになります。「これやったことあるのに!」で解けないのが1番後悔します。今から新しい問題を解くよりも、私は復習を完璧にするべきだと思います!

2、心を落ち着ける(体調管理もしっかりと)

これは精神面でのお話ですが、入試は思っている以上に緊張します。会場ついて席についてもまだリラックスできていても、開始1分前から緊張しだして試験中冷や汗、なんてことも珍しくないと思います。試験中に緊張しないように、というのは今の時点ではどうにもできないですが、それ以外で緊張しないように、不安要素を残さないように丁寧に過ごすのが良いかなと思います。夜きちんと寝るのも良いですし、お腹に優しい食べ物を食べるのも大切です。薄着はしないように、マスクも忘れずに、試験本番を万全の状態で迎えられるようにしてください!

では!センター前の私のブログは最後になると思います。今までやってきたことを信じて、落ち着いて、でも1問1問大切に解いてきてください。

頑張れ!受験生!