サイエンスセミナーについて | 東進ハイスクール武蔵小金井校|東京都

ブログ

2018年 9月 17日 サイエンスセミナーについて

 

みなさんこんにちは!

お久しぶりブログの赤澤です!

 

というわけで今日はサイエンスセミナーについて話したいと思います!

 

自分も高校2年生の時と高校3年生の時と2回行きました。

高校2年生に行ったときは友達の付き添いで行ったのですが、その友達がその時のサイエンスセミナーの内容(分子に関する)に強く惹かれて、志望校を変えていました。(懐かしい・・・)

 

まずサイエンスセミナーがどういうものかというと、様々な分野の中での最先端の研究を行う若い研究者への表彰と、高校生に対し、講義を行ってもらうというものです。

一見、「話が難しそう・・・」となるかもしれませんが、実際は話されている内容のレベルは高いものの、高校生にしっかり理解できるような講義になっています。

 

また、サイエンスセミナーは本当に影響力があり、参加すると感情揺さぶられるような講義になっています!

 

参加してみるだけで、考え方が変わるので是非参加しましょう!!!(東進生限定です)

 

 

今回は「新しいリンパ球の発見によって広がる病気への理解」「時間にはなぜ向きがあるのか_理論物理学の挑戦」です!

理系が行くのはもう決まったようなものですが、文系の方も自分の人生を変えるために参加しよう!

 

武蔵小金井校 担任助手 赤澤楓