MY DREAM PROJECT 担任助手編① | 東進ハイスクール武蔵小金井校|東京都

ブログ

2013年 2月 9日 MY DREAM PROJECT 担任助手編①

こんにちは!担任助手の大木です。

私も大学生になって早2年が過ぎようとしています。しかし受験時代の記憶はあまりにも濃いもので

昨日のように思い返せます。大変だったけど、充実してたなぁ~。。。

いい受験生生活でした♪

さて、今回は私が夢を叶える為に努力してきた中で、気づいたことを話そうと思います。

私は高校生の時から『数学の教師になりたい』という夢を持っていて、それを叶えるために必死に努力してきました。

その結果、目標であった東京学芸大学に入学!

しかし大学に入ってみて、私は大きな衝撃を受けました。 

 

 

 

 

先生・教師』という職業のイメージがガラッと変わったのです

高校時代に思っていた教師像は大雑把に言ってしまえば

数学を教え、生徒の勉強を補佐するような職業だと考えていましたが

大学の講義を受けていく中でその考えは変わりました。

そこでは数え切れないほどの指導技術や指導方針が学べ、講義を受ける事に

『今まで自分を担当してくれた先生方はこんなにもいろいろなことを考えながら指導していたのか』

と感動しました。

大学に来て本当に良かった

着実に一歩一歩、夢に近づいている

という実感を持ちながら毎日を過ごしています。

これから何十年という長い時間を社会人として生きていく君達へ

自分の夢のため、本当にやりたいことのため、

今という時間を惜しみなく使って欲しいと思います。

この時間はとても貴重なものであり、しっかりと将来を見据えていくようにしてください。

夢に向かって一緒に頑張っていきましょう。