大学でやりたいこと考えていますか? その1 | 東進ハイスクール武蔵小金井校|東京都

ブログ

2016年 1月 30日 大学でやりたいこと考えていますか? その1

こんにちは! 最近1日1万歩を続けている渡辺大樹です。

 

みなさんは自分が大学に入ってしてみたいことってありますか?

僕は高校生の頃に見つけました!

何かをデザインすることです!

 これは大学の授業で僕がデザインした市ヶ谷駅の改善案です。

現在の市ヶ谷駅前は狭く人が集まる空間がなかったので、現在ある釣り堀をなくして駅前ロータリーを作ってみました。

大学の授業でこういったことをしてみたいと思っていたのでとても楽しいです!

 

僕が街をデザインしたいと思ったきっかけは武蔵小金井駅の再開発です。

小金井に住んでいる人はご存知だと思いますが、高架化される前の武蔵小金井駅前は狭くてとても不便でしたよね。

今では駅前ロータリーもでき非常に便利になりました。

これを見て僕も街をデザインしてみたくなりました!

 

大学に入ってからはデザインすることだけではなく土木構造物の構造にも興味がわいてきています。

昨日は連続立体交差事業と複々線化の工事が着々と進んでいる小田急線下北沢駅付近のトンネルの構造を見てきたりしました。

 きれいな円状になっているのはシールド工法と呼ばれる工法を用いてトンネルが掘られたからです。

鉄道トンネルの主な掘削工法には、開削工法とシールド工法の2種類がありトンネルの形から判別できます。

少し余計なことを話しすぎてしまいましたが(もっと話したいことは山ほどあります)、僕は土木構造物について知りたいことだらけで大学生活は楽しいです。

やりたいことが見つからなければ大学生活はつまらないものになってしまいます。

 

みなさんもできるだけ早くにやりたいことを見つけましょうね!

 

武蔵小金井校 担任助手 渡辺大樹

 

 

 

 

 

 

過去の記事