先生紹介① | 東進ハイスクール武蔵小金井校|東京都

ブログ

2016年 9月 26日 先生紹介①

こんにちは! 昨日に引き続き山田がブログ担当です!

3年生は志望校対策講座、2年生はもうすぐ新学年で新しい受講を取ると思います。

そこで今日は先生紹介 ~物理編~ をお送りしたいと思います。

 

①やまぐち健一先生

「やまぐち健一 大学」の画像検索結果

早稲田大学で物理を専攻していた物理のプロです。

自分はやまぐち先生の「スタンダード物理」を受講していました。

レベル的には上位中堅国公立私大レベルになります。

この先生の授業では物理法則のコアが「みえる」ようになることを目標として、

体系的に物理を学ぶことが出来ます。したがって、様々な設定の問題にも

対応できる力が付きます。本当に面白い先生で、物理現象の例えに毎回

やまぐち先生がお気に入りの武井咲ちゃんが出てくるのが好きでした(笑)

 

②苑田尚之先生

「東進 苑田」の画像検索結果

東京大学理学部物理学科で首席で卒業した、実質日本で一番物理において

頭がいい先生の一人と言えるでしょう。

自分は生徒時代この先生の授業は受けていなかったのですが、担任助手

になってからこの先生の凄さに震撼し、自分も受けたかったと後悔しました。

苑田先生の凄いところは公式の暗記など皆無。すべて数式で解かせるところです。

まずこの先生の授業を受けるにあたって、数Ⅲの微積は理解していないといけません。

数Ⅲどころか現役農工大生の私が大学で受けている授業と同レベルのことを学びます。

微分方程式、エネルギー積分、線積分、マクスウェル方程式などなどこれらを高校生

に教えるのははっきり言って鬼畜な気がしますが、東大、京大、東工大などの最難関大

を志望するならば必要不可欠になってくると思います。

 

物理を得意科目にすれば受験で怖いものなしです。自分も物理は誰にも負けないという自信

があったので、他の教科にも余裕ができて、第一志望に合格できたと思います。

生徒のみんなも物理を得意科目にしましょう!

過去の記事