今から受験生になろう!!③ 夏休みに向けて、日進月歩 | 東進ハイスクール武蔵小金井校|東京都

ブログ

2015年 5月 7日 今から受験生になろう!!③ 夏休みに向けて、日進月歩

こんにちは、担任助手の加藤です。
ブログでは久しぶりの登場なので、まずは簡単に自己紹介を。

私は高1のときから東進に通い始め、去年から担任助手を始めました。
武蔵小金井校で過ごすのは5年目になりますね。ここまで来るとベテランの域かもしれません。
早い時期から東進で受験勉強をしていたので、早期スタートの大切さは人一倍知っているつもりです。
高1・2生の皆さん、受験勉強で困っていることなどあれば気軽に相談してくださいね。
今は慶應義塾大学の総合政策学部で学んでいます。珍しい名前の学部なので、「どんな勉強をする学部なの?」と聞かれることが多いですが、大学の話はまたの機会に。

さて、今週は「今から受験生になろう!」というテーマでブログをお送りしています。
なぜ、今の時期から本格的な受験勉強をスタートしなければならないのでしょうか?

その理由は、「夏休み」にあります。下の図を見てください。

高3生・夏休みの一日

これは、一般的な高3生の夏休みの一日です。
見ての通り、夏休みは一日15時間という量をこなさなければなりません。

夏休みは、センター試験の過去問演習を通じて、基礎学力を完璧に身につけていく時期です。
そのためには、センター試験の過去問を10年分×3回は演習する必要があります。
その量をこなすために必要な勉強時間が、一日15時間ということなのです。

とは言え、15時間という量はとても厳しいものです。どれだけの決意・決心があっても、普段から勉強していなかった人がいきなり実行できるものではありません。
では、これを実行するためにはどうすればいいのでしょうか?
簡単な話です。今の時期から、少しずつ勉強時間を増やしていけばいいのです。

今、一日4時間くらいしか勉強できていないのであれば、まずは5時間を目標に頑張ってみる。
5時間勉強に慣れてきたら、次は6時間…というように、少しずつ勉強時間を増やしていく。
大切なのは「少しずつ」です。いきなり高い目標を立てても、すぐに疲れてしまうでしょう。

今からなら、そこまで焦ることはありません。夏休みまではまだ2ヶ月以上ありますから。
ですが毎日一歩一歩、目標に向けて進んでいきましょう。
私たち担任助手も、目標に向けて努力する皆さんを全力でサポートしていきます。

 

武蔵小金井校 担任助手 加藤 太一

過去の記事