大問別演習のすすめ | 東進ハイスクール武蔵小金井校|東京都

ブログ

2016年 6月 29日 大問別演習のすすめ

こんにちは!担任助手の山田勇一郎です!

 

6月26日にセンター試験本番レベル模試がありましたね。

自分で過去問を解くのとは違って緊張したり、あせったり、

自分の力が100%出せない人も多いと思います。

なぜそうなってしまうのか?

それはセンターの問題形式に慣れていないからです!

自分は理系なので数学を例に出します。

数学が時間が足りないという人がよくいますが、それはただ解いているだけで

流れを意識していない可能性が高いです。例えば数ⅡBの微積。センター微積の

大体の流れは色々ありますが、よくあるのが微分して接線の方程式を求めて

面積を出すって感じですよね。その流れを把握していれば、時間のロスがなく

考える時間を減らすことができます。そして解法の流れのストックがあればあるほど

どんな問題にも焦ることなく「またこの問題かよー」と対応することができます。

そのためにはかなりの演習量が必要です。それにうってつけなのはセンター過去問演習講座

大問別演習です!東進模試の10年分60回を大問ごとに演習することができます。

自分は数学を特にやりこんでいて大問別のおかげで大幅に得点が上がりました。

みなさんもセンター過去問演習講座を取っている人は大問別やろう!