高速基礎マスターの計画 | 東進ハイスクール武蔵小金井校|東京都

ブログ

2018年 5月 21日 高速基礎マスターの計画

こんにちは!武蔵小金井校担任助手の堆朱彩花です。

6月もあと3分の1となりましたね。新学期が始まって約2ヶ月。充実した日々は過ごせているでしょうか?私は大学3年生となり、生活が結構変わりました。2年生までは授業中心で生活していたのですが、3年生で授業数がぐっと少なくなり、他のことに費やす時間が多くなりました。私は英語学習と東進の担任助手に時間を割いているのですが、昨日は就活のセミナーに参加したりと、新しいことも増えてきました!

新しいことに挑戦するのは大変ですが、知らない世界や自分が見えて楽しいですよね!みなさんも日常がつまらないと感じたら、自分から新しい環境、頑張れる環境に身を置くのも良いと思います。

 

さて!前置きが長くなりましたが、今日は高速基礎マスターについてお話ししたいと思います。

そもそも高速基礎マスターとは、東進の学習システムの一部で、英単語や英熟語、古文単語や古文常識、数学の公式の運用など、基礎の部分を短期間で修得するものです。東進生ならわかると思いますし、東進生じゃない人は英単語帳などを思い浮かべてみて下さい。地道にコツコツとやらなければいけないアレです。(笑)

まあ大変ですよね!でも大切なのもみんな知っています。そこで、高速基礎マスター(基礎力暗記)をうまく進めていける方法を、今日はお話しします。

①終わった後のことを考える

高速基礎マスターを終えた後、どんなふうになりたいのか、なるのかを想像してみて下さい。

これは私の例です。英語の授業と、高速基礎マスターと、模試の点数(200点満点)の比較です。通期の授業で文法と構文を終え、高速基礎マスターで基礎の暗記をしたところで、成績がいきなり50点も伸びました!長文対策をガッツリしなくても、最初は基礎をきちんと固めていけば必ず伸びます。

点数が伸びる姿を想像して取り組むとモチベーションにつながるかもしれません!

 

②計画を綿密に立てて実行!

月末までにこれを終わらせる!ではなく、1日ごとの目標を立てましょう。1日何ステージなのか、無謀ではないか、そして、やると決めたらやる!最後はこれに尽きるかと思います。1日でもさぼると計画は台無しですよね。最初はしんどくても、頑張って続けてみましょう。

 

当たり前のことを書きましたが、案外できていないことでもあります。勉強をするときは主観だけではなく、自分を客観視して常に「これで点数が伸びるか?」に注目して頑張ってみて下さい!

 

以上 武蔵小金井校 担任助手 堆朱彩花