部活引退からの切り替え | 東進ハイスクール武蔵小金井校|東京都

ブログ

2017年 6月 13日 部活引退からの切り替え

こんにちは! 担任助手の新田です。

ここ最近、ぐずついた天気が続きますね… 梅雨になった感じがします。

さて、3年生の中には「この間、部活を引退した」という人や、「もうすぐ引退する」といった人など、部活の引退が近い人も多いのではないでしょうか?

部活の引退は悲しいですが、そこで余韻にひたって勉強しないというのはダメです!少しくらいなら余韻にひたってもいいと思いますが…)

そこで、今日は「部活引退からの切り替えのコツ」について話していきたいと思います!

 

1、周りの人との勉強時間の差を自覚する

当たり前ですが、3年生の4月時点で「部活を引退している人」と「部活を引退していない人」がいます。「部活を引退している人」は4月から学校が終わってすぐ受験勉強をはじめています。一方、「部活を引退していない人」は部活を終えてから勉強をしています。

この差は時間にしてみると大きいです!仮に、学校が15時に終わるとし、部活が18時に終わるとしましょう。1日に3時間、2か月間で180時間の差となっています! かなり大きい差となっていますね。つまり、部活を引退しても余韻に浸っている暇はないのです。

 

2、誰かに宣言する

先ほど言ったことを、わかってはいるけどやる気がおきない…ということもあるでしょう。

そのようなときは、誰かに宣言してみると良いと思います。例えば、家族に「部活を引退したら、授業が終わってすぐ東進に行って勉強します!」と宣言したとします。実際に部活を引退してから、やる気が起きずに家に帰れば親に「東進に行きなさい」と言われるでしょう。

このように、自分一人ではやる気が起きない時は周りの手を借りてみるといいかもしれません^^

 

さまざまな工夫をして、部活引退してからも勉強をしっかりできるように頑張っていきましょう!