記述模試を受けたら… | 東進ハイスクール武蔵小金井校|東京都

ブログ

2017年 5月 17日 記述模試を受けたら…

こんにちは、担任助手の得猪です。

5月も折り返しです。月日が経つのが本当に早くて焦りますね…

1日1日大切に過ごしていきましょう!!

 

さて、受験生の皆さん、先日は難関大・有名大本番レベル模試お疲れ様でした!!

初めての記述模試だった人がほとんどだったと思います。受験した感想はどうでしたか…?

私が初めてこの模試を受験した時は「え、こんな難しいの…」といったようにほとんど書けませんでした。

センターのようなマーク式の場合、解答に迷っても、とりあえずマークしておいて運が良ければ正解もあり得ますが、

記述は自分が書けるか書けないかで点数がついてしまいます。

よって、自分の知識が完全なものになっていないと解答するのがとっても難しいのです…

ですが、この時期に記述が完璧に解けなくても焦る必要はありません。思うように点が取れなくても落ち込むのはまだ早いです!

受験までにはこのレベルを完成させられるように、まずは今回の模試の復習をしてみましょう。

ここで復習のポイントをお伝えします。

 

①解き直しをしてみる

特に時間が足りずに解けなかった問題を、もう一度解いてみて、どれくらい点が取れるのか確認してみましょう。

本番の試験に近い問題を解くことは一番の演習です、解かずに終わってしまうのは勿体ないです!

 

②模範解答と自分の解答を見比べる

帳票が返ってきたら、同時に採点された自分の解答用紙も返却されます。

論述問題の部分点がどこについたのか、どこで失点してしまったのか等、模範解答と見比べることで一目瞭然です。

 

③解答解説をしっかり読む

東進模試を受けた後にもらえる解答解説、有効活用できていますか?

これは得点源になる要点がしっかり詰まっています。

これを読むだけでも自分が知らなかったことを定着させるきっかけになりますので、皆さん是非読みましょう!

 

以上3点、意識してみて下さい。

また、今後たくさんの模試を受けていくと思いますが、それに伴って、効率よくできる自己流の復習の仕方を考えてみるのも良いかと思います。

 

次回の記述模試は7月!自分の苦手を克服して今回よりも良い結果が出せるように努力しましょう!!