英語の重要性③ | 東進ハイスクール武蔵小金井校|東京都

ブログ

2016年 11月 11日 英語の重要性③

こんにちは!

11月初登場、本村です!

 

今日は英語の重要性第3弾ということで大学入試における英語はどんなものなのかお話しします。

 

①配点が他教科に比べて高い

 

グローバル化しているこの世の中で、今後社会に出ていくときに英語力は社会人として必須の知識となってきます。そのため大学も「英語のできる生徒」にたくさん入学してほしいと考えています。

 

例えば、一般入試だと(※法学部限定で載せています)

【早稲田大学法学部】

英語60点 国語50点 地歴公民40

 

【明治大学法学部】

英語150点 国語100点 地歴公民100

 

【中央大学法学部】

英語150点 国語100点 地歴公民100

 

とこんな感じで英語の配点が他教科に比べて高くなっています。

 

つまり、英語を得意科目にしてしまえば

他の受験生より大幅リードできるというわけですね!!!

逆に不得意としていると差をつけられてしまい、他教科での確実な巻き返しが必要となります。

 

 

②外部試験の導入

 

ここ最近増えてきているのが、外部英語試験を利用した一般試験です。

 

例えばTEAP・英検・TOEICTOEFL利用入試があり、 

大学が提示してきた一定の基準を超えれば英語の個別試験免除となります。

 

早いうちから英語力を鍛え上げ、他教科の学力を上げて入試を受験するなんてのもいいですね!

 

 

このように英語は入試の中でも圧倒的存在感を誇る科目であり、得意にすれば志望校合格へ一歩前進のチャンスが生まれます!!!

 

全員が受験する科目なら、そこでリードして差をつけちゃいましょうよ!!!

 

 

そんなこと言ったって・・・

「英語苦手だし・・・」

「勉強の方法わかんないし・・・」

 

そう思っている高校1・2年生に朗報です!!!

 

現在東進では冬期特別招待講習を実施しています!

苦手な英語やその他の教科も東進の実力講師の映像授業でスムーズに理解することができます。

 

また、12月20日()には武蔵小金井校にて特別公開授業が行われ、今回はあのカリスマ講師渡辺勝彦先生が来てくださります!

 

 

こんなチャンスめったにない!!

迷っているならまず参加してみましょう!きっとみなさんの英語に対する意識に革命が起こります(^^)

 

お申し込みは下記のバナーよりどうぞ!!!

 

武蔵小金井校 担任助手 本村曜子