英語の重要性② | 東進ハイスクール武蔵小金井校|東京都

ブログ

2016年 11月 10日 英語の重要性②

みなさんこんにちは!世の中はアメリカ大統領選挙の話題で持ちきりですね。私もこれからアメリカがどのように変わっていくのか注意深く見守っていきたいと思います。

さて、昨日は渡辺担任助手が英語の重要性について紹介したと思います。その最後に「英語は高1、高2のうちにけりをつけましょう」という話があったと思います。今日はそのことについてもう少し深く紹介していきたいと思います。
高1高2中と言われても範囲が広いですよね。では具体的にいつなのか・・・

それはずばり!高2の3月31日です!!この日までに英語にはケリをつけることが受験の大きな勝負ポイントとなってきます。
実際にどのような差がついてくるのか下のグラフを見てください。

ここでのケリを高速基礎マスターの「英文法750」完全修得としましょう。つまり単語・熟語・文法は完全に頭の中に入った状態が高2までに作れていれば高3の時の10月のセンター試験本番レベル模試で英語8割を突破できるということです。逆にこの時期に英語が8割ない場合他の教科よりも優先的に英語の学習をしなくてはいけなくなります。

つまり、他の科目にかけられる時間が減ってしまい結果的に全体の得点が下がるという可能性が考えられます。

繰り返しになりますがそのような事態にならないためにも高2のうちに英語はケリをつけてしまいましょう!!
「でもどうやって勉強していけば良いのか分からないんだよな・・・」と困っているそこの貴方に朗報です!!
武蔵小金井校ではそんなみなさんを応援すべく冬期特別招待講習」と「特別公開授業」を開催しています。なんとどちらも参加費無料!!

是非この機会に受験へのスタートダッシュを一緒に切っていきましょう!!詳しくは下のバナーをご覧ください!!

皆様のご参加、スタッフ一同お待ちしています^^