私の1日中勉強する方法① | 東進ハイスクール武蔵小金井校|東京都

ブログ

2017年 5月 4日 私の1日中勉強する方法①

 

こんにちは!!担任助手の馬場です!

きょうはゴールデンウィーク真っ最中ですが、みなさんいかがお過ごしでしょうか。

受験生のみなさんはもちろん一日中勉強していますよね!

きついですよね!

みなさんいまごろきっと苦しんでいると思うので、

ここで私の一日中勉強する方法を紹介したいと思います。笑

 

さっそくですが、みなさんは一日中勉強したことがありますか?

わたしは高校1年生のときから東進に通っていましたが、一日中東進にこもって勉強したのは高校2年生の春休みが初めてでした。

1日15時間勉強しよう!

と何度も担任助手の方に言われてはいたものの、それを実行する勇気も時間もないまま時がたっていました。笑

多くの方も恐らく私と同じように一日中勉強するなんて出来れば避けたいことだと思います。

しかしこれは受験をする上で決して避けられないものです。

受験生だともうすでに一日中勉強している方も多いと思いますが、

高校1年生も2年生も3年生もとりあえず覚悟を決めて一日中勉強してみましょう!!

 

一日中勉強する、ということは朝から勉強するということです

普段は学校があるので朝から受験勉強はできませんが、GWは仮想夏休みといわれているように学校も休みで校舎も一日中空いています。

よって8時30分から校舎にきて勉強することが出来ます。

私は朝一で高速基礎マスターをやる事が多かったです。

受験生はこの時期になるともう高速基礎マスターに時間を費やす余裕はないので、

朝の30分間や休憩時間を利用して進めていくのがいいと思います。

そして、この時期はなんといっても受講です!!

実際は私は4月の上旬に全範囲学習は終えていたのでこの時期は演習に入っていましたが

まだ終わっていない生徒は6月末までには終わらせられるように早急に受講を進めていきましょう!

また、受講をする際にはいくら時間がなくても予習・復習は徹底してください。

でないとせっかく頑張って受講をしても知識がしっかりと身につかなくなってしまいます。

そんなこんなで一日なんてあっという間に過ぎ去ります。

最初は一日中なんて長すぎてやってらんねえ!と思うかもしれませんが、やってみるとたぶんあっという間です。

よって、その日にその日のやることを決めている暇はありません!

校舎に置いてある一日のスケジュール表などを活用して前日のうちに次の日の予定を立てておきましょう

特に東進生はすでに一週間の予定は立っているはずですから、それを還元しつつ予定修正をしていくと有意義な受験勉強が出来ると思います。

 

最後になりますが、いきなり一日中勉強をすると体力的にも精神的にも疲れます。

この時期から勉強に疲れてしまうとこれから先のモチベーション維持も難しくなってしまうので

疲れたらきちんと休憩をとりましょう!

時間割通りに毎時間休憩をとる必要はないですが、いつどれくらい休憩をとるのかということも含めしっかりと計画を立てて勉強しましょう。

よく無理せず頑張ろうという言葉を聞きますが、私は多少無理をすることも必要だと思っています。

自分に負荷をかけて勉強すれば、その分伸びると思います。

もちろんそれで体調を壊すようなことがあっては本末転倒ですが、死なない程度に頑張りましょう!!

 

私も勉強頑張ります!!

 

武蔵小金井校担任助手 馬場