私の英語の勉強法⑤(長文学習編) | 東進ハイスクール武蔵小金井校|東京都

ブログ

2016年 11月 24日 私の英語の勉強法⑤(長文学習編)

 

 

こんにちは。担任助手の堆朱です。

皆さん!雪が降りましたね~寒い寒い(^_^.)

11月に都心で雪が降るのは54年ぶり、積雪は記録の残る限りでは初めてだそうです!

寒さに負けず頑張りましょう。

 

さて、今日も私の英語の学習法についてお話ししたいと思います。

今回は長文学習編です!

 

皆さん、長文学習で一番困っていることはなんですか…?

恐らく、構文学習の1文読解が出来ている人は長文を読むのにもあまり困らないはずです。

私が思うに、「速読」これが、長文を読んでいくにあたって1番重要で1番難しいのではないかと思います。

 

ではどうしたら速読力がつくのか…

私が速読力を高めるためにしていたことは主に3つです。

①音読

②長文速読トレーニング

③毎日英語

まず①、また音読かよ!!と突っ込みたくなるでしょうが、そうなんですよ。

音読って無敵です。本当にやった方が良いです。

まず速読というのは、英語の長文を目で追って、いちいち頭の中で日本語に変換しなくても意味が取れる、ということですね。

だってみなさん、日本語の文章を読むとき、いちいち「この単語はこういう意味で…この単語はこういう意味だから…」など考えませんよね。

英語も同じです。アメリカ人は日本人が日本語を読むのと同じように英語を読みます。そのアメリカ人の感覚を掴むのに最適な学習法こそが音読でした。

ここで音読の方法についてつらつら書いてもいいのですが、少し長くなりすぎてしまうので、昨日の鳥塚担任助手のブログにもありましたが、そこは是非公開授業で!

もちろん内部性は私に聞きに来てくれても大丈夫です(^^)

 

次に②、これは東進のコンテンツです。

ひたすら長文の問題があって、結構きつめの制限時間が組まれているので、集中して速読しないと絶対に時間内に終わりません。

わたしはこのコンテンツで毎日1長文絶対に解くようにしたら、みるみる時間も縮まり正答率も上がりました!

すごくいい教材なのにあまりやってる人少ないんですよね~ぜひ、おすすめです。

 

③は上にも書きましたが、とにかく量読むのも大切です。

速読トレーニングなら時間制限もあってそんなに時間も取られませんし、自分に少し負荷がかかるレベルのものを毎日読み続けると、ぐんぐん力が付きますよ!

 

なんだか長くなってしまってすみません。

これ以外にも英語にはいろいろな学習法があります。

皆さんも自分に合う学習法を見つけてみてください!