私の好きな授業① | 東進ハイスクール武蔵小金井校|東京都

ブログ

2015年 6月 23日 私の好きな授業①

こんにちは!担任助手の村本です(^0^)

じめじめした天気が続いていますね… そんな天気にも負けずに頑張りましょう!

さて、今日はわたしの好きな授業について書きたいと思います。

わたしは応用化学科なので、もちろん化学の授業が好きです!

しかし今日は少し違う授業について書きたいと思います。 わたしは高校の教員免許をとるために教職の授業をとっています。 理系は西早稲田キャンパスといって早稲田キャンパスとは別のキャンパスで勉強をしています。 そのため、理系以外の人と接する機会がとても少ないです。

教職の授業は早稲田キャンパスで行われるため、様々な学科の人が集まっています。 グループワークを通して様々な学科の人と接することができます

さて、ここで教職はどんな勉強をしているのだろうか。

きっとつまらないことをやっているのでは?

そう思っていませんか?

わたしも初めはそう思っていました。 しかし意外とおもしろいのです!!

今回はある教職の授業の内容を要約して紹介したいと思います。

人間の記憶について>

 

人間の記憶方法には3種類あります。形態的処理(単にそのまま覚える )、意味的処理(意味を付けて覚える(語呂合わせなど) )、自己関連処理(:自分に関連付けて覚える)です。

上図より、人間は物事を覚える際に、普通に覚えるよりも、意味付けをすると覚えやすくなることがわかりますね。 更には自分に関連付けて記憶すると記憶力upにつながります。

語呂合わせにする自分に当てはめて考えるなどやってみましょう!

A:記憶力に自信あり

B:記憶力に自信なし

①:形態的処理

②:意味的処理

上図より意味を付けて記憶すると、記憶力に自信がある人とない人、再生率(物事を思い出せる割合)にほぼ差がないことがわかりますね。

勉強に自信がないというあなた! 実は記憶の用量はほとんどの人間が一緒なのです。

違いはなにか。それは、どのように記憶するかなのです。 (「水兵リーベ」は誰でも覚えられますよね?でも水素、ヘリウム、、、は覚えにくいですよね? それと同じ原理です。)

ちょっとした工夫で学習効果がぐんと上がります。

勉強に自信がある人も、ない人も、是非受験勉強やテスト勉強に活かしてみてくださいね(^O^)