模試の活用法(センター試験本番レベル模試) | 東進ハイスクール武蔵小金井校|東京都

ブログ

2016年 10月 2日 模試の活用法(センター試験本番レベル模試)

皆さんこんにちは。担任助手の藤本です。

突然ですが、先生紹介シリーズは前回をもって終了しました。

まだまだ紹介したいところですが、今回は別のテーマについて話したいと思います。

9月も終わり、受ける模試も増えてきました。皆さんは模試を受けるにあたり、受けっぱなしになっていませんか?

せっかく高い受験料を払い、休日をまるまる使って受けた模試をそのままにするのは勿体ない!

受験は無駄な勉強をした人から失敗していきます

しっかり復習、解き直しを繰り返して模試を活用し尽くしましょう!

しかし、模試受験者の中には「模試は復習してるけど一回復習したら捨ててしまう、または放置してしまう…」という人が多いのも現実です。

そこで、おすすめなのが、一度解いたセンターレベル模試を取っておいて、直前期の演習用に取っておくという方法です。

そのため、模試の解き直しは、基礎力の定着を確認するための直前期の演習にこそ適しているとも言えます。

おおまかな流れとしては、

模試受験→解説を見て確認→成績表が返ってきて再度確認→模試ノートなどに基本事項の書き込みをしてちょくちょく確認→模試直前期に解きなおして確認

の流れがおすすめです。

これだけ模試を使い倒せば必ず対価以上の物を得られるでしょう!

皆さんが模試によって実力をメキメキつけるのを楽しみにしています!