模試の前日にすべきこと | 東進ハイスクール武蔵小金井校|東京都

ブログ

2017年 2月 18日 模試の前日にすべきこと

みなさんお久しぶりです。担任助手の鳥塚です。
先日シンガポールに行って参りました^0^(下は私が撮ったマーライオンの写真です。)

英語がもっと話せれば現地の人とももっと会話できるのに・・と痛切に感じたので春休みはもっと英語の勉強をしようと思います!!みなさんも是非、受験勉強だけで英語を終わらせずに使える英語を身に着けていって下さい^^

さて、そんな日々の学習の成果を発揮できる機会が明日ありますよね?
そう!センター試験本番レベル模試です!!

前日の今日は皆さんいかがお過ごしでしょうか・・?「模試の前日になんかしたって、意味ないよ~」と思っている人はいませんか?そんなことはないんです!!みなさん受験の前日は一生懸命勉強すると思います。それと同じで模試の前日も集中して学習をすることで当日の得点を伸ばすだけでなく、学力を伸ばすことが出来るんです!
では、どのような勉強をしていけば良いのか少し紹介したいと思います。

①単語・熟語・公式など基礎基本の復習
基本的な分野の学習は暗記が中心になるので前日にやったものは確実に本番解ける可能性が高くなります。多くの事項を暗記するためにも、ただ覚えるだけでなく、単語熟語は文章の中で覚えたり、公式は問題を解きながら覚えることが大切です。

②目標の確認
皆さん、明日の模試の目標得点は把握していますか?東進生は合格設計図に得点を記入していると思います。志望校の合格得点から逆算して1年前のこの時期にはどのくらいの得点を取れば良いのか。教科ごとにきちんと目標を立てておきましょう。本番はその得点を意識して問題を解いていきましょう。

③持ち物の確認
鉛筆・消しゴム・時計・受験票など必要な持ち物はきちんと準備し持っていく癖をつけましょう。
受験本番で忘れないためにも今から習慣づけておくことが大切です^^

みなさん準備は万端でしょうか??
今日一日を有意義に使って明日の模試で自分の最大限のパフォーマンスを発揮しましょう!応援しています^^

武蔵小金井校 担任助手 鳥塚沙季