朝学習を継続しよう! | 東進ハイスクール武蔵小金井校|東京都

ブログ

2017年 9月 2日 朝学習を継続しよう!

みなさんこんにちは!担任助手の馬場です。

一昨日くらいから肌寒い日が続いていますね、、

9月に入り本格的に夏が終わってしまいそうで悲しいです。

 

しかし!高校生のみなさんの中には、新学期が始まってうれしい方も多いと思います。

私も去年の今頃、久しぶりに家族以外の人間とたくさんおしゃべりが出来て感動したのを覚えています!

その反面、新学期が始まるとどうしても勉強時間が少なくなってしまい、複雑な気持ちになったこともありました、

 

学校があるとどうしても勉強時間が限られてしまう…

たしかにこれは事実ですが、だからといってこれを言い訳にして勉強しなくていい、という訳ではありません!!

勉強時間が限られていることが分かっているのであれば、なおさら隙間時間を活用していかないと

一年間一日中勉強している浪人生と戦えないことはみなさんも分かっていると思います。

 

隙間時間は一日の生活のどこにでも隠れています。

これ以上見つからない!と思っていてもなんだかんだ作り出せます。

そんな隙間時間ですが、絶対におさえて欲しいのが「朝の時間」です。

東進ではよく「朝学習」といっていますが、朝学習には面白いほど利点がたくさんあります。

①勉強時間が増える

これは当たり前のことですが、まず単純に勉強時間が増えます。でも意外に侮れないのがその長さです。

学校の休み時間を勉強に費やしても、そこで使える時間はせいぜい10分くらいだと思います。(もちろん10分の積み重ねが最終的に合否を決めることもあるので、休み時間も積極的にべんきょうしましょう!)

一方、朝早く学校に行った場合、私は30~40分勉強時間を確保することができました!

1日30分でも、それを今から受験本番まで続けると莫大な時間になります。

自分に合うやり方でいいので、(朝早く学校に行くのがおすすめです)朝の時間を活用しましょう!

②脳が活性化する

朝はみなさん眠いと思います。私も朝は大の苦手なので気持ちは分かります。

「朝めっちゃ眠い状態で勉強してもあんまいみなくね?」

というような声もたまに聞こえてきますが、そんなことはありません!

朝から頭を使うことで脳が活性化し、スムーズな学習をすることができます。

具体的には、「扁桃体」というところが活性化します。扁桃体が活性化することで扁桃体のすぐそばにある「海馬」という記憶を司る部分が一緒に活性化され、記憶力が高まるそうです。

また、朝起きた時には前日までに覚えた情報が脳の中で整理されているので記憶しやすくなっている、とも言われています。

このように、朝学習には脳科学的にも実証されたメリットがあります。

どうしても眠いときにはお散歩して酸素を十分に摂り込み、脳を活性化しましょう!

③受験本番への準備

「俺は夜の方が集中できるタイプだから」などと言って夜遅くまで勉強し学校では基本寝ている、そんな高校生をたまに見かけます。

深夜になると集中できる、それは気のせいです。

仮にそうだとしても受験勉強において深夜に学習することには何のメリットもないのでやめましょう。

それどころが強烈なデメリットがあります。

それは「朝に集中できない体になってしまう」ということです。

受験は確実に朝から開始されます。深夜に行われる大学受験はまずありません。

普段から深夜に勉強していると究極的に朝集中できない体となっていしまいます。

そして、長く体に染みついた習慣はちょっとやそっとでは消えてくれないので、もし受験直前に直したいと思ったとしてもそのころにはどうしようもなくなっています。

なので今!今日から!上記のような習慣がついてしまっている人は早寝早起きしてください!

 

長々と書いてしまいましたが、言いたいのは

朝学習が受験勉強のカギを握る

ということです!!

これを読んでくださった方は、是非その日から始めてください!

みなさんの健闘を祈っています。

 

武蔵小金井校担任助手 馬場梨里花