担任助手の受験生生活 | 東進ハイスクール武蔵小金井校|東京都

ブログ

2018年 2月 24日 担任助手の受験生生活

こんにちは、堤です。

私立大学の前期入試もひと段落を終え、受験生の皆さんはお疲れ様でした。

合否の発表も待つ生徒もいれば、中期・後期試験の対策をしている人もいるでしょうか?

しかし、何と言っても明日からは国公立大学の前期試験が開始されます。

がんばれ!受験生!

新高校3年生の人は本格的に入試1年前に迫ってきましたね。

さて今回も前回の薗部担任助手に引き続き、私の受験生時代を紹介したいと思います。

①生活習慣・スキマ時間の活用

この項目に関しては前々回・前回のブログの内容を参照してください。

②計画の実行!

私は野球部に所属しており、週6日(実質7日)部活をしていました。

そうなると週末にまとめてやろう。などということは無く如何に計画的に進められるかが勝負でした。

私の受験生時代は合格設計図なるものはなく、グループミーティングでメンバーや担当担任助手と立てたものから遅れないように

毎回の登校時に確認して実行していました。

③知識問題の確認!

英単語や地理歴史・公民、理科科目の得点アップには暗記の定着が不可欠です。

自分で単語帳などで進めるのも正解ですが、私は友達と問題を出し合いながら覚えていきました。

下校時や昼食時に指定範囲の問題を出し合いお互いにレベルアップしていけます。

 

来週から定期考査がはじまったり、春休みが始まったりと忙しくなりますが、

しっかりとした目標を持って生活をして下さい。