担任助手の千題テスト活用法③ | 東進ハイスクール武蔵小金井校|東京都

ブログ

2017年 12月 26日 担任助手の千題テスト活用法③

こんにちは!担任助手の坂本です。

ついにクリスマスも終わって年末ですね!

私はクリスマスの町のがやがや感が好きなので、少し寂しいです(笑)

さて、今日は千題テストの活用法を紹介します!

一昨日、増田担任助手が地歴公民千題テストの活用方法を紹介していたので

英語の千題テストの活用方法を紹介していきたいと思います。

活用法その① 基礎の最終確認

千題テストでは、その名の通り英語の単語・熟語・文法など基礎的な問題が

約千題出題されます。

千題解ききることによって、自分の弱点を見つけ、補強することができます!

自分で時間を設けなくても、さまざまな分野の基礎を総ざらいすることが

できるので基礎の最終確認に活用してみてください。

活用法その② 短期集中力を鍛える

これは受験生というよりも、低学年受験者におすすめしたい活用法です。

千題テストは全11ラウンドに分かれていて、それぞれ30分で100題など

短い時間で集中して解答する必要があります。

普段、だらだら勉強してしまう人や、集中力を鍛えたい!という人はこれを機に

集中力を鍛えましょう!

今回は私がおすすめする英語千題テストの活用方法について紹介しました。

自分にあった活用法を見つけて、活用してみてください^^

武蔵小金井校では、このような生徒の学習力をサポートするイベントを

開催しております^^

今月は20日に「武藤先生の公開授業」を実施しました。

12月20日のブログでは武藤先生の公開授業について紹介しているので

ぜひ見てみてください^^

http://www.toshin-musashikoganei.com/%e4%bb%8a%e6%97%a5%e3%81%af%e6%ad%a6%e8%97%a4%e5%85%88%e7%94%9f%e3%81%ae%e5%85%ac%e9%96%8b%e6%8e%88%e6%a5%ad%ef%bc%81%ef%bc%81/