大学の英語の授業① | 東進ハイスクール武蔵小金井校|東京都

ブログ

2016年 12月 1日 大学の英語の授業①

 

こんにちは!担任助手の堆朱です。

今日から12月ですね!!早い~時間が経つのが早い~。。

センター試験まではあと43日です!やるしかありません。やり切りましょう!!

 

さて、今日は大学での英語の授業について紹介します。

私が通っている大学は”日本女子大学 人間社会学部 心理学科”です。

皆さんの想像通り、英語を重視する学科ではないし、むしろ理系寄りな学科なのですが、英語は週に2回、必修であります。

また、うちの学科は第2外国語が必修ではないので、第2外国語の分の単位も私は英語を取っています!

 

さてさて、実際の英語の授業はどんな感じなのかですが…

正直先生によって全然違います。(笑)

 

普通にテキストを使って長文を読んで訳して~みたいな先生もいれば、

ネイティヴの先生でコミュニケーションを重視する先生もいます!

私の取っている授業のネイティヴの先生はすっごくおもしろくて、でも先生はほとんど英語を話すので聞き逃せなくて、ヒアリング力がすごくつきます。

 

高校との違いと言えば、先生が日本語を話さない、ということもそうですし、周りのレベルが高い、ということもあります。

みんな発音もいいし会話力もすごくあってびっくりしました。自分もっと頑張らなきゃなと思いましたね…

 

英語はやっておいて損は絶対にありません。本当に大事です。

渡辺先生の公開授業もありますし、みなさん、ぜひ!英語を強化しましょう!!