大学に入って大変だったこと… | 東進ハイスクール武蔵小金井校|東京都

ブログ

2017年 5月 28日 大学に入って大変だったこと…

こんにちは!担任助手の倉片です。

雨が降ったり、晴れて暑くなったりと変わりやすい天気に翻弄される季節になったてきましたね…

今日は昨日と違い、大学に入った後のことで「大学に入って大変だったこと」についてお話しします。

大学に入って大変だと思ったことは2つあり、1つ目はレポートのような時間がかかる課題の量です。

これは、大学や文理によっても異なりますが基本的に、課題で1枚から多いものになると30~40枚のレポートが課されることが多いです。レポートは計画的にやらないと終わらないので、スケジュールの調整等に苦労しました。

2つ目は地方から来た人と話が合わなかったり、方言を聞き取るのに苦労したりと日常の会話で色々苦労しました。

大学に入って2カ月たって今感じていることは、「大学と高校は似て非なるものなのだな」ということです。また、大学によっても雰囲気がまったく異なります。なので、高校生の時に大学を見に行き様々な情報を得ることが大切だと思います。