夏休みに向けて その六 | 東進ハイスクール武蔵小金井校|東京都

ブログ

2015年 6月 7日 夏休みに向けて その六

こんにちは!もうすぐで車の免許を取れる板倉です!
皆さんは私みたいに4年生になってからではなく、大学に入る前か1・2年生の長期休みにささっと取得するようにしてくださいね!

さあ、長期休みといえば皆さんご存知夏休み!大学生から見ると高校の夏休みの短いこと。。。その1ヶ月ちょっとを猛烈に勉強して周りとの差をつけねばなりません。車で言えば高速道路。100キロ出して十分加速しましょう!!

 

 

 

私から夏休みになすべきと考える重要課題を2つあげさせていただきます。

1つ目が時間意識の定着です。
これは、今現在休日に15時間勉強できていない人の課題です。
というとほとんどの人が該当しそうなのですが、この15時間を当たり前にすることが夏休みの第1の課題です。
もちろん今から定着させていれば差はどんどん開きます。やったね。しかし、それを1ヶ月続けてこそ今後の勉強の進みが変わります。夏休みは15時間を体に染み込ませる最大の機会です。
私自身の夏休みの1日のスケジュール例を紹介します。

 

 

 

 

 

 

これは14時間の勉強の例ですが、僕の場合ご飯中も単語をやっていたので時間は増えます。ご安心を。
このように長時間勉強を隙間時間を駆使して続けていくことで、夏休みが終わっても中だるみせず休み時間やご飯の時間、お風呂の時間まで使えます。皆さんもこれが当たり前になってください。

2つ目は勉強方法の確立です。
この勉強方法というのが曲者で、これが定まっているのといないのとでは物理的にも精神的にも変わってきます。
それでは英単語の覚え方で考えてみます。

TIPE 1:何度も書く
TIPE 2:何度も音読
TIPE 3:間違えたものにマークをつけてそれを何周もしていく
TIPE 4:単語カードにまとめる
TIPE 5:何度もテストを繰り返す

方法はいくつも出てきますが、あなたは何が適していますか?どれが一番効率的ですか?

これがわかっていないと、冬になってもいろいろな方法をああでもないこうでもないと試しながら結局覚えているか不安なまま過ごしてしまいます。いやですよね。

夏休みこそ最適な方法をいろいろ試して確立できるときです。
ここで確立すれば皆が苦戦する私立国公立大学の対策も今までの経験でスムーズにこなせます。やったね。

この2つを確立すること。
これが出来ているか出来ていないかは蟻とライオンくらい違います。

さあ、この夏しかありません。この夏を皆さんの努力の基盤にしてください!!

そしてもうすぐ公開授業ですね!
夏休みに向けてむちゃくちゃ勉強するスタートラインになるイベントです!
僕も高校生の時に公開授業に出てやる気がみなぎりました。是非活用してくださいね!

お申し込みはこちらをクリックしてください(*^_^*)

武蔵小金井校 担任助手 板倉大地