受験は「団体」戦 | 東進ハイスクール武蔵小金井校|東京都

ブログ

2017年 1月 25日 受験は「団体」戦

最近は風邪が流行っていますね…

インフルエンザで学級閉鎖になっている学校などもあります。

手洗い・うがいを習慣にしましょうね!

 

さてさて、今週は担任助手のそれぞれがフリーテーマでブログを書いていきますよ!

お楽しみに!!

 

今日は自分の受験期を振り返ってみて、ブログを書きたいと思います。

受験は団体戦である

よく耳にする言葉だと思います。

「結局受験勉強は一人でやるものだし、個人の実力の差(入試本番の得点)で合否は決まる。

受験勉強ってまさに個人戦って感じがするなぁ。」

生徒時代の僕はこう思っていました。

でも受験が終わったときに振り返ってみると、自分が最後まで頑張れたのは

応援してくれた家族や学校、予備校の先生

常に意識することで自分のモチベーションを上げてくれた友人、ライバル

のおかげだと思いました。

こういう意味で受験はまさに「団体」戦だなと感じました。

本当につらいときこそ、ここまで努力してきた自分

応援してくれている人々

自分と同じように壁に立ち向かう友人やライバル

のことを思い出してみてください。

 

受験会場では一人一人が試験に立ち向かいますが、受験生は一人ではありません。

応援しています。

 

武蔵小金井校担任助手 渡辺拓実