受験で最後に大切になるもの | 東進ハイスクール武蔵小金井校|東京都

ブログ

2016年 2月 24日 受験で最後に大切になるもの

こんにちは。担任助手の村本です。

いよいよ明日が国公立2次試験ですね。受験生は悔いのないよう頑張ってきてください。

明日が国公立2次試験ということは…

新高3生は受験本番まで1年を切っているということです。(センター試験や私大を考えると11カ月もないです)

まだまだ時間はあると思っている新高1,2,3年生、意外と時間はありません。

 

 

 

さて、今日は受験において何が大切かを書きたいと思います。

ある先生が受験で最後に大切になるものを教えてくださいました。

それは、

努力に裏付けされた自信

です。

 

受験は厳しい戦いです。思い通りにいかないことも多々あります。

そんな時に、くじけずに頑張るには受かるぞという自信が必要です。

その様な自信は日々の努力で培われます。

 

たとえば、毎日高速基礎マスターを少しでも触れる。そんな積み重ねが受験の時に、自分は高速基礎マスターを毎日欠かさず触れてきたから、受験会場にいるどんな受験生にも単語では負けないと自信を持つことができます。

今この瞬間から受験で悔いの残らないようこつこつと勉強しましょう!