勉強の習慣をつけよう | 東進ハイスクール武蔵小金井校|東京都

ブログ

2016年 10月 31日 勉強の習慣をつけよう

皆さんこんにちは!担任助手の藤本です。

まずは昨日全国統一高校生テストを受験した皆さん、お疲れ様でした。

結果は様々だったとは思いますが、一喜一憂せずに、復習や演習に速やかにシフトしましょう。

 

さて、今回のテーマですが、主に低学年向けの物となっています。勉強する習慣をつける。よく学校や予備校などで言われますよね。

事実、勉強の習慣をつけることは大学受験への合格だけでなく大学入学後の授業、そして就職するときや、資格を取得するときにも活きてくるほど大切です。

勉強する習慣がないばかりにせっかく苦労して入った大学で堕落してしまうなんてもったいないです。

自分は、勉強する習慣を持つ人には2つのタイプの人がいると考えています。

1つ目は、勉強することに快適さを見出した人です。

このタイプの人は勉強をすればするほど新たな快感を得ることが出来るため、結果を求めて挫折しない限りは、半永久的に勉強へのモチベーションを持続できる強みを持っています。

勉強することに全く抵抗を感じていないため効率よく学習するというよりは自ら求めて学習していきます。

2つ目のタイプは、快適さを感じているかどうかは個人によりけりで、義務感や責任感から学習することが当然だと捉えている人です。

こちらの人には幼いころからの習慣など何かしらの芯があるので、簡単にはゆるがないタイプです。

簡潔にまとめると、前者が後天的なタイプ、後者が比較的先天性のあるタイプです。

皆さんには是非前者のタイプになってほしいのです。誰でも努力次第でなれるものだからです。

何より勉強すれば問題が解けるようになり、それが次の学習への促進剤となるという好循環を生むようになるからです。

 

低学年のうちから学習する習慣をつけることで、先日今藤担任助手が述べていたような「学校を選べる人」になります。

大学受験の更に先を見据えて学習しましょう!

 

武蔵小金井校 藤本晃士