入試休み活用法③ | 東進ハイスクール武蔵小金井校|東京都

ブログ

2018年 2月 8日 入試休み活用法③

こんにちは! 担任助手の新田です。

毎日布団から出るのが大変な時期ですが、寒さに負けずがんばっていきましょう! インフルエンザも流行ってますので、体調管理には気を付けてくださいね^^

 

さて、本日は一昨日、昨日に引き続き「入試休み活用法」についてです。

昨日は増田担任助手の方から「将来のことについて考えよう」という話があったと思いますが、今日はまた勉強面について話していきたいと思います。

 

入試休みといえば、学校の授業もなく部活もない…といった人も多いのではないのでしょうか?

つまり「1日何もない」という状況が生まれるわけです。 こんな状況、高校生活においてあまりないですよね?

 

そこでこの状況を使って受験生を体験しましょう! 

受験生の夏休みには1日中勉強することになるわけですが、それはいきなりやれと言われてできるものではありません。 やはり、先にそれを経験しておくことが大事になってきます。

 

受験生の夏休みを再現するにあたってポイントは3つです。

①毎日登校・毎日受講

家ではついうっかりテレビを見てしまう…、ゲームをしてしまう…という人も多いと思います。

そこで、東進生はしっかり毎日校舎に来て勉強をしていきましょう。校舎は平日・土曜は8:30~21:45、日曜・祝日は8:30~19:00で毎日空いているので、ぜひ毎日登校しましょう!

受講も特に新高3生は主要科目の修了目標が3月末になっています。それまでに終わるように入試休みでスパートをかけていきましょう!

 

②朝型の生活習慣

受験当日は朝からの試験となっていきます。そのときに脳がフル稼働していないようでは困りますよね? 

普段から朝型の生活習慣にしておくことが大切です。休みだからといって「遅寝遅起き」をせず、「早寝早起き」を心掛けていきましょう!

 

③1日15時間勉強

受験生の夏休みは1日15時間勉強です。校舎に開館から閉館までいれば13時間半勉強できることになります。残りの1時間半はどこから生み出すのでしょうか?

それは、開館前や閉館後の自宅学習になります。この勉強量はなかなかハードですが、受験生になればその量を毎日こなすことになります。

今の内から体験して慣れておきましょう!

 

 

入試休みを意味あるものにできるようにしていきましょうね!