入試休みの活用法① | 東進ハイスクール武蔵小金井校|東京都

ブログ

2018年 2月 6日 入試休みの活用法①

こんにちは!!

毎度おなじみ馬場です(*^_^*)

 

節分も終わり、次はついにバレンタインですね!

女子のみなさん、準備は進んでいますか?

今年はわたしも暇なので何か作ろうかな~

と思っていたのですが、

やっぱりめんどくさいのでやめます。笑

 

そんなことはどうでもいいのですが

この時期になると生徒のみなさんにとって

とても嬉しいものがやってきますね!

そうです。入試休みです!!

私は中学生・高校生のころから

イレギュラーな休みが大好きだったので

この時期はウキウキしていたのを覚えています。

 

とはいえ、新高校3年生のみなさんにとって

この入試休みはただウキウキできるものではないですね。

特に私立大学志望の生徒さんによっては

もう入試本番まで1年を切っている

という方も多いと思います。

ということは、おわかりの通り

この入試休みを最大限に活用して

少しでも先に進むことが大切になってきます。

わたしは中高一貫校に通っていたので

入試休みはかなり長かったのですが、

高校2年生の時はずっと勉強していました。

と書きたかったのですが、なぜか

記憶が全くありません。笑

楽しい記憶がないといことは

本当に勉強していたのだとは思うのですが、、

逆に高校1年生のときの記憶は

残っているんですけどね、、。

話はそれましたが、今日は入試休みの

活用法についてお話しようと思います。

東進生のみなさんは当然、

入試休みも考慮に入れて

学習計画を立てていると思うので

予定通り学習していただければいいかな

と、思います。

東進生でも入試休みの存在を

忘れてしまっていた方や、

そもそも学習計画を立ててない方は

この入試休みを軌道修正に利用して

みることをオススメします。

いくら予定を立てていても、

人間ですから体調不良や計画を

立てる時の誤算などで、どうしても

計画がずれてしまうことがあると思います。

計画が遅れてしまう、ということは

受検において致命的なことです。

最悪の場合、必要な演習ができないまま

入試本番を迎える、ということになるからです。

なので、是非この入試休みを活用して

学習計画通りの学習に戻りましょう!

また、先日のブログにあったように

定期テストが約1ヶ月に

迫っていると思います。

この機会に、現時点までの

学習内容を復習してみると

テスト前の負担が激減するはずです。

部活などで忙しい、という方でも

少なくともいつもよりは

時間に余裕があるはずですから

是非この機会を無駄にしないでください!

 

やるかやらないかは、君次第です。

 

武蔵小金井校担任助手 馬場梨里花