なぜ努力を続けられるのか? | 東進ハイスクール武蔵小金井校|東京都

ブログ

2015年 9月 15日 なぜ努力を続けられるのか?

こんにちは、東進ハイスクールの砂川です。 えー、野球ネタ続きます。

 

さて、9/13といえば…

そうです! 埼玉西武ライオンズ秋山翔吾選手が
シーズン200本安打を達成した日です!!

                                       (撮影:砂川菜々)

前日にあと1本と迫っていたことで、打席に入るだびにファンからの大声援。
私もそのうちの1人でした(^O^)

 

実はこの記録、秋山選手を含め日本で6人しか達成していない
非常にすごい記録なんです!

これだけの偉業を達成するには、それを支える努力が必要です。
そしてその努力を支えるのが、夢への強い思です。

 

父親の影響で野球を始めた秋山選手ですが、
12歳のときに癌で亡くなってしまいました。
その後、父親の夢だった「プロ野球選手」を追いかけ、今に至るそうです。

これだけの偉業を達成した選手でも、常に調子が言い訳ではありません。
今シーズンこそ、タイトル争いに名を連ねている秋山選手ですが、
昨シーズンは打撃不振に陥り、2軍行きも経験しました。
ただ、そんな苦しい状況でも必死に努力を続けてこれたのは、
「プロ野球選手として活躍する」という強い思があったからではないでしょうか。

 

さてさて、
受験生にとってはこれからが一番辛い時期になります。
残された時間と焦りのなかで、弱気になることもあると思います。

そんなときこそ、
なぜここまでして勉強をしているのか、考えてみてください。
その先に目指すもののためですよね?
そこを具体的に思い描ければ、どんなときでも頑張り続けられるはず。

あなたの夢はなんですか?そこに向かって本気になれていますか?
皆さんが最後まで全力で走り続けられるよう、
武蔵小金井校一同、応援しています!

武蔵小金井校 担任助手 砂川菜々