どうして模試を受験するのだろう | 東進ハイスクール武蔵小金井校|東京都

ブログ

2017年 4月 25日 どうして模試を受験するのだろう

 

こんにちは! 担任助手の新田です。 今日はとても暖かいですね!夏が近づいてる感じがします。

さて突然ですが、みなさんは模試を受験する意味について考えたことがありますか?23日にはセンター試験本番レベル模試がありましたが、これからも毎月模試があります。そのときに、「なぜ模試を受験するか」ということがわかっていないと受ける意味が減ってしまいます。 

そこで、4月のセンター試験本番レベル模試を終えた今、模試を受ける意味について、改めて確認しましょう!

 

1、時間配分の確認

入試、特にセンター試験では時間制限がとてもきついです。時間があれば解けるのに…といった問題も多く出てくると思います。そこで、試験時間の長さに慣れておくことはとても大切です!時間を意識しながら、模試に取り組みましょう!

2、類似問題の演習

模試は貴重な過去問の一つでもあります。模試で出た問題がそのまま入試で出たという事例も珍しくありません。模試の問題はきっちり復習をし、同じ問題が出たら絶対に解けるようにしておきましょう!

3、苦手分野の発見

ただ受けることだけが模試ではありません。解答集を見てしっかり復習をし、自分の出来ないところを確認するまでが模試の一連の流れになります。自分の苦手分野を発見し、次の模試までに克服できるように勉強していきましょう!

 

 

以上が、私の考える模試の意味です!自分でも模試を受ける意味について考えてみて、それを意識しながら取り組むようにしましょう!