いらんからぷてー!音読あきろー。 | 東進ハイスクール武蔵小金井校|東京都

ブログ

2015年 10月 21日 いらんからぷてー!音読あきろー。

こんにちは!
担任助手の板倉です!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 本日は大学生活に関してお話します。
というのも最近語学を新たに始めたからです。

その名もアイヌ語!!!!

早稲田大学では様々な言語が学べますが、その中にはアイヌ語バスク語サンスクリット語など珍しい言語も含まれています。
ちなみに僕は2年生の時にサンスクリット語の授業をとりましたが、難しすぎて挫折しました!
昔インドで使われていたこのサンスクリット語。今でも覚えているのは「アーラスタラージャーナローナーマ」というサンスクリットの物語冒頭部分のみです。ここだけひたすら音読していました・・・。

さて皆さん。

いらんからぷてー!
板倉大地せころあいぇっぷくね!
東京うんくるくね。
文学部おったかーん。
4年生くね。
うあむきりあんろー!

今僕はアイヌ語で自己紹介しました。
アイヌ語には現代では普通の「文学部」や「4年生」などの語がないので、ここだけ日本語になります。
だいたい何て言ったか想像つきますか?

これは1回目の授業で何度も音読して文法と一緒に覚えましたが、やはりここでも音読は効果があるのですね。
皆さん音読はしていますか?

10月9日(金)にやった音読特訓会で東進ビジネススクールのアドバイザーの小林さんがおっしゃっていました。
英語がペラペラの小林さんは、今まで音読して覚えてきた文章の主語や目的語などの語句を、その場に応じて入れ替えて話しているだけだと。
なるほど。
音読は文章を覚え、それを応用することが出来る素晴らしい方法なのですね!

ぴりか!(アイヌ語で「正しいです」の意味)

10月25日(日)の全国統一高校生テストでもこの音読の力が活かせると思います。
ちなみに全国統一高校生テストの申込締切は明日10月22日(木)正午まで!お早めにお申込下さい!

それでは、模試に向けて皆で音読あきろー!!!(アイヌ語で「しましょう」の意味)

武蔵小金井校 担任助手 板倉大地