ある大学生の日常。 | 東進ハイスクール武蔵小金井校|東京都

ブログ

2014年 2月 3日 ある大学生の日常。

昨日に引き続き、こんにちは。

担任助手の日渡です。

昨日は受験生向けにブログを書いたので、今日はちょっと雑談(?)ではないですが

くだけた話をしようかな、と思います。(^^♪

 

皆さんは、文学部学生が

どんなことを勉強しているか知っていますか?^-^

 

私は明治大学 文学部 史学地理学科 日本史専攻 に所属しています。

専攻が日本史なので、まあ要は日本史について勉強している訳です。

日本史の中でも専門にしているのは 近現代。特に第二次世界大戦について

とても興味があります。

最近では、日本占領下のフィリピンにおける政治抗争の論文を読んで

考察を3000字書いたりしました。

 

文学部の人って何をしてるわけ?と思う方がいるかもしれません。

確かに歴史的事実の大発見とかって早々ないです。

 

でも、私が学ぶ中で身につけているものって「教養」だと思います。

昨年の冬にフィリピンに行ったときは、私は何も知らない無知な人間でした。

現地でサンチャゴの要塞を目にして、そこで書かれている文献を見て

日本軍が行ったこと、それを受けてフィリピンの人が何を思ったのかなど

初めて知りました。

 

海外に出て、毎回思うことですが

やはり日本がしたこと、

歴史の中で他の国と

どう関わってきたのかを知ることは

とても大切だし、

知っておくべき「教養」だと考えています。

 

「教養」がある人には余裕があるものです。

 

私は自分が学んでいることを無駄だとは思っていないし

自分を形作る重要な学びであると信じています。

 

皆さんも大学受験を目指しているわけですから

是非、その学部でどのような事を勉強しているのか

それを受けて自分はどう成長できるのか等

考えてみてくださいね^-^

 

日渡

————————————————————

3月11日(火)に慎先生による英語の公開授業が行われます!

お申込みは

こちらから!

皆さんの大きな一歩に繋がることを祈って。^-^

————————————————————