【公開授業まであと33日】ここから始まる。 | 東進ハイスクール武蔵小金井校|東京都

ブログ

2015年 11月 13日 【公開授業まであと33日】ここから始まる。

こんにちは。
担任助手の板倉です!

 

 

 

 

 

一昨日、昨日は侍ジャパンによる世界野球の試合でしたね。
縦じまのユニフォームを身にまとい打席に立つ代表選手はスイングも鋭く、本物の侍に見えます。
そう、本日も野球ネタでございます。

一昨日の試合も昨日の試合も、土壇場で同点に追いつかれるハラハラした展開。
そのどちらも6番の一振りで劇的勝利を飾っていました。

昨日の試合では2点リードの場面で味方の捕球ミスもあり同点に追いつかれます。
険悪なムードの中、ミスをした選手の後に続く選手の一振りで再度相手を引き離し試合を決めました。

味方のミスをカバーできるのが野球の良いところなんですね

解説の方がそれを見ておっしゃっていました。
この言葉が僕の胸にジーンと響きます。

受験は個々のプレーではありますが、同じ校舎に通っている予備校生では、その雰囲気1つ1つでプレー内容も変わってきます。

僕は早稲田大学の一番初めの文化構想学部の試験で不合格となりました。
その時はショックで家で号泣し、一日中外に出ることはありませんでした。
しかし、校舎から電話がかかってきて渋々夜に登校すると、落ち込む僕を見て校舎の友人たちが受付で励ましてくれました。これほど僕を奮い立たせてくれたものはなく、もう一度頑張ろうと背中を押してくれました。

受験も思いやりチームプレーです。
足を引っ張り合うのではなく、お互いライバルとして競い合い、支えあう存在であってほしいです。
同点に追いつかれ挫折しかけても、仲間の存在一つで劇的勝利をつかむことはできるのです。
受験生の皆さんには是非、
そんな仲間を作って、皆さん自身が決め手となる一打を放ってください。

さて、ここ武蔵小金井校でも新たなチーム発足です!

今井先生による公開授業を盛り上げようと集うは8人の高校2年生!
の発足です!

 ここからは委員会メンバーが交代で今井先生や公開授業の魅力をお伝えしていきます。

最初のメンバーはO・T君!
彼からのメッセージを預かってきました!

私は今井先生の授業を受けていますが、先生の授業はとても分かりやすく、丁寧です!
計算しつくされた問題とそれらを解いていく受講ペースは受けやすく、学びやすいです。
1つ1つの問題に対して真剣に教えてくれ、私たち受講生と真摯に向き合ってくれています。
是非、一度先生の授業を受けて、先生の魅力を感じ取ってほしいです!(O・T)

 

 

 

 

 

 

今井先生の特別公開授業は12月16日(水)!

お申し込みはこちらまで!

武蔵小金井校 担任助手 板倉大地